現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【違ったの?】「焼肉のタレで生還」は真っ赤な嘘だった!【マスゴミにだまされました_| ̄|○】
だーまーされた~_| ̄|○ …の?

六甲山遭難男性"退院会見"焼肉のたれで生存否定
(共同)
◆ 20日以上飲食せず… ◆

 兵庫県の六甲山で約3週間遭難し「焼き肉のたれで生き延びた」と伝えられた西宮市職員打越三敬さん(35)=西宮市上之町=が19日、入院していた神戸市中央区の同市立中央市民病院を退院して会見。遭難2日後の10月9日に意識を失い、31日に発見されるまで20日以上食べ物だけでなく、水すら飲んでいなかったことが分かった。

 会見に同席した医師は「体温が約22度という極度の低体温症だった。動物の冬眠に近かったので助かったのではないか。驚異的な生命力だ。ここまで回復することはまれだ」と説明。保護時はほとんどの臓器が機能停止状態で、救出後にも心肺停止に陥ったこともあったが、現在は後遺症を残さずに回復した。

 打越さんは10月7日に遭難。意識を失う前、試しに焼き肉のたれをなめたが「とても食べられたものじゃないと思った」と笑った。医師も、焼き肉のたれが命をつないだという家族の当初の説明を否定した。

 その上で「山というのは怖い。警察など多くの方に善意をいただいた。ありがとうございました」と頭を下げた。
[ 2006年12月20日付 紙面記事 ]

http://www.sponichi.co.jp/osaka/soci/200612/20/soci200785.html
その他ニュースソースはこちら

マスゴミの報道にすっかりのせられました。(T-T)
恥さらしついでに、前の記事は消去しないけどうるる

生存の秘訣?は全体未聞の仮死状態にあった模様。
にしても、話を聞けば聞くほど幸運な偶然が重なって助かったご様子。日ハムのヒルマン監督じゃないけど「シンジラレナ~イ」です。人間にもこういうことが起きることがあるのね。

次回六甲山に行かれるときは絶対に電車代はケチらないようにお気をつけてヾ(^^;)
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:21:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。