現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【打ち上げ花火】中国が人口衛星破壊ミサイル開発に成功
中国が人工衛星を弾道ミサイルで破壊する実験に成功
中国衛星破壊実験に成功 弾道ミサイル使用

 中国が高度約850キロの宇宙空間で、弾道ミサイルに搭載した弾頭で老朽化した自国の人工衛星を破壊する実験に成功し、米情報当局が詳細を確認中だと米航空専門誌が18日伝えた。スノー大統領報道官は同日の記者会見で、中国に既に懸念を伝えたと述べ、実験情報を事実上確認した。

 中国による衛星破壊実験が表面化したのは初めて。実験の成功が事実なら、有人宇宙飛行に成功するなど「宇宙大国」化を目指す中国が、米国などの軍事衛星に対する直接攻撃能力を獲得したことを意味し、宇宙空間をめぐる米中間の緊張が新局面に入ることは避けられない。

 米政府当局者によると、米国のほかオーストラリア、カナダも中国に懸念を伝え、日本、英国、韓国も懸念伝達を準備している。国際社会の警戒感が一気に高まるのは必至だ。

 同専門誌エビエーション・ウィーク・アンド・スペース・テクノロジー(電子版)によると、実験は米東部時間の今月11日午後5時28分(日本時間同12日午前7時28分)に行われた。中国の衛星発射センターがある四川省西昌の上空付近の宇宙空間で、弾道ミサイルを直撃し破壊する「キネティック弾頭」により、1999年に打ち上げた気象衛星「風雲1号C」を破壊した。

 同誌は、残骸(ざんがい)が「宇宙のごみ」として、他の衛星などに悪影響を及ぼす可能性も指摘。CNNテレビは、今回の実験前、中国が計3回の失敗を繰り返していたと伝えた。

 米国は85年を最後に衛星を標的にした同種の実験を実施していない。

 米中は、米航空宇宙局(NASA)のマイケル・グリフィン局長が昨年秋に訪中するなど、宇宙科学分野での交流を強化しているが、今回の実験による影響は避けられないとみられる。(共同)

(2007/01/19 11:28)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070119/chn070119000.htm

たまたま検索結果で一番上に表示されていた産経新聞の記事を例に挙げましたが、上記記事では対アメリカ用ではとしていますが、日本の人工衛星、もちろん軍事目的とは関係のない天候観測用や放送用の衛星も情報妨害作戦の一環として狙われる可能性は否定できないと考えます。

これでも中国擁護論者は「中国は平和目的だといってるから大丈夫」とか言い続けるんでしょうか?泥棒が拳銃を振り回しているのを見ても自分は襲われないと言っているのと一緒で、お人好しにもほどがあるかと。
特に中国から博士号を買いあさっている池田大作氏とか、媚中派政治家賭して有名な加藤紘一氏紅之傭兵河野洋平氏辺りの反応は注目ですかね(微笑)

昨日辺りから出てきた関係のあるような無いような中国関連のネタ
「南京事件」70周年で関連映画を多数制作


今年はこの雰囲気に乗じて、中国が対日・対米を意識したプロパガンダや軍隊増強を進める可能性は非常に高いと思います。
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 12:57:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。