現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マイケル・ホンダ(マイク・ホンダ)議員、疑惑の背景
「慰安婦」追及のホンダ議員 中国系の献金突出

 【ワシントン=古森義久】米国議会で「慰安婦」問題での日本糾弾決議案を推進するマイク・ホンダ下院議員がこれまでの選挙で中国系からの政治献金への依存度が異様に高い事実が14日までに判明した。中国系献金者には中国当局ともつながる在米反日団体の幹部たち多数が名を連ねており、ホンダ議員自身の日本の「戦争責任」追及には長年、これら中国系団体との密接な連携があったことも明らかとなった。

 米国政府の連邦選挙委員会の記録や民間の政治資金研究機関「有責政治センター」(CRP)の発表を基とする産経新聞の調査によると、ホンダ議員は2006年の下院選挙で個人からの政治献金合計449人、約37万ドルのうち、中国系からだけで94人、約11万ドルを受け取った。献金全体へのこの比率は人数で21%、金額で30%となる。同議員の選挙区カリフォルニア第15区は住民の29%がアジア系だが、内訳は多様で中国系は9%に留まるため中国系からの献金が突出する形となった。

 とくにホンダ議員への中国系の献金はその約40%が州外からで、他の議員たちへの州外からの献金が10%程度という一般水準に比べれば、同議員は全米各地の中国系住民からの寄付の比率が例外的に高いことになる。また慰安婦問題では中国よりも関与が深いはずの韓国系からの同議員への06年の献金は10人、約7000ドルと、中国筋からの献金の十数分の1だった事実も、中国系勢力の役割の大きさを裏づけた。

 米国では国民、あるいは永住権保持者が個人で政治家に選挙1回に最大2300ドルまで公表を前提に献金できる。ただし200ドル以下は公表されない。

 ホンダ議員への中国系個人献金でさらに特異なのは、06年分だけでも(1)中国系の世界規模の反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」現会長のアイビー・リー氏(2)中国当局に政策を提言する人民政治協商会議広東省委員会顧問のフレデリック・ホン氏(3)日本の「残虐」を恒常的に糾弾する反日の「アジア太平洋第二次大戦残虐行為記念会」事務局長のチョフア・チョウ(周筑華)氏(4)「南京虐殺」の記念館を米国に開設しようという中国系運動組織の「中国ホロコースト米国博物館」役員のビクター・シュン(熊園傑)氏-などという日本糾弾団体の中国系活動家たちが、それぞれ数百ドル単位の寄付をしたことだといえる。

(2007/03/15 02:02)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070315/usa070315001.htm
拉致問題であからさまに北朝鮮の肩を持ったり(こちら)、「慰安婦」問題でのこの発言とか(こちら)、その一方で朝日新聞と組んでこういう嘘寒い演出をするとか(こちら

今回の公聴会に中国人は呼ばれてないのに何だかなと思っていたらやっぱりねぇ(苦笑)
中国ロビーの圧力だった訳か。

しかし、こっちの方が深刻な問題かも。
ホンダ議員は経歴を詐称している疑いがあるというのである。
詐称の可能性は「90%以上」

 だが、かくなる動きは、読者がお気づきのように、特定国が得意の「捏造」によって「カード」化しようとする策動に過ぎない。我々は、「真実」をもって、断固として、これを粉砕すべき時局にある。

 読者はご存知の通り、マイク・ホンダの経歴にあった「ベトナム戦争に従軍」「JFKの「平和部隊」に所属」はすでに虚偽であり、軍隊経験は無かったことが産経新聞によって指摘されている。また、現時点までの筆者の関係の調査では、同議員が親とともに収容されていたというコロラド(アマチ: Amache)の 収容所の記録にも名前は確認できていない。

 同収容所の開設期間は、1942年8 月27日から同45年10月31日まである。ピーク時は、7,318人の日系人が収容されたとの記録があるが、「マイク・ホンダ(Michael Makoto Honda)」の名前、または幼子を連れた「ホンダ(Honda)」の家族名を未だに確認できていないのである。もう一度だけ、再調査の依頼を出しているが、そこに「存在しなかった」とすれば、この収容所の経験も虚偽になる。関係者によれば、詐称の可能性は90%以上とのことだ。

 また、「カリフォルニアに戻った」のが1953年と自記しているが、収容所の閉鎖はそれよりおよそ8年前の1945年10月31日である。収容所出所の時期も明確ではないが、実際に収容所に存在していたとすれば、45年10月31日かそれ以前に出所していたことになるが、それまでの約「8年間」は何処で何をしていたのか、空白であり、同議員の「存在」の証拠も確認できていない。

 先稿で述べたが、同議員は米国生まれではなかった可能性が濃厚。勝手な推測は慎むべきだが、およそ1953年(この年で同議員は11~12歳)の時分以前に、母国語が英語ではなかったとすれば、あのネイティブとは思い難い東洋系のアクセントや、両親の名前を明かさない、子供の頃の写真も披露しない、幼馴染が1人もいないという「理由」が理解できる。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/

特定の出身国の人間からの献金を1000万円相当も受け取り、しかも「日系人」というのも嘘かもしれないという、この東洋人風の風貌を持つマイケル・ホンダ議員の本当の正体は何物なのでしょうか?


おまけ

今回の件で熱心なロビー活動を繰り広げる韓国系団体(元ネタ こちら
しかし、自分の都合の悪い結果は「日本のロビー活動が(以下略)」
国情院は「2000年に北朝鮮の趙明録(チョ・ミョンノク)次帥(大元帥と元帥に次ぐ
北朝鮮軍の階級)が訪米した際や、03年に6カ国協議が行われた際に、北朝鮮はテロ支援国指定から解除するよう
米国側に何度も要求してきたが、日本の(米国に対する)ロビー活動により実現されなかった」と明らかにした。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/03/15/20070315000012.html

をいをい…。自分の方が熱心なロビー活動やっといて何を言うかと。
スポンサーサイト
「慰安婦」騒動を考える? | 00:43:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。