現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北朝鮮金融制裁「解除」報道-日本マスコミはやはりゴミ
本日からまた六カ国協議が始まったが
化へ本格議論 初期段階措置が焦点 「6カ国」作業部会  2007/03/17 11:36

 【北京17日近藤浩】北朝鮮問題をめぐる六カ国協議の「朝鮮半島の非化」に関する作業部会が十七日午前、北京の釣魚台迎賓館で始まった。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070317&j=0026&k=200703173283
先週から今週にかけて米朝間で協議された「金融制裁”解除”」に関する日本国内の報道内容は、ここに来て全く的はずれだったことが分かってきた。日本のマスコミは記事のキャッシュを早々消す傾向が高いので、メモ代わりに書いておく。

2007年3月14日、こういうニュースがトップで流れた。
2007年3月15日(木) 北朝鮮金融制裁を解除 米、マカオ当局に勧告
 【ワシントン14日共同】米財務省のリービー次官は14日午後(日本時間15日未明)、記者会見し、米国の金融制裁で北朝鮮関連口座が凍結されているマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に関する調査結果を発表、同行と米国の銀行との取引を禁じ、調査結果をマカオ当局に伝えると明らかにした。これは事実上、北朝鮮に対する制裁解除をマカオ当局に勧告する措置。全面解除かどうかは不明で、マカオ当局に委ねられる。

 韓国メディアによると、この決定を受けてマカオ当局が清算など同行の処理に踏み切り、口座の資金を北朝鮮に返還するとみられる。

 米メディアは、計50の関連口座の総額約2400万ドル(約28億円)に上る資金のうち、北朝鮮に返還されるのは800万-1200万ドルと報じている。

 同省は2005年9月、BDAを北朝鮮の違法行為に絡む「資金洗浄の主要懸念先」に指定。同行を管理下に置いたマカオ当局と協力して調査を実施していた。
共同通信社
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20070314010008771.asp
※太字はこちらで強調補足
他の新聞もおおかた似たような論調(例 西日本新聞岩手日報など)だったが、記事を見ていただくと分かるように、すべて共同通信社の情報を元に記事を書いたからである。

共同通信から配信されていない他の日本のマスコミでも、論調は似たり寄ったりである。
米、北朝鮮金融制裁の解除発表へ

 【ワシントン=丸谷浩史】米財務省は14日、北朝鮮に科した「金融制裁」に関する最終決定を発表すると明らかにした。マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」で凍結中の約50口座、2400万ドルの資金に関する調査結果を公表する。一部資金は法的に問題がないと判断、マカオ当局が資金凍結を解除する見通し。解除額やBDAへの米国の対応は19日に再開する問題を巡る6カ国協議での北朝鮮の出方に影響を与えそうだ。(以下略)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070314AT2M1403714032007.html
米、北朝鮮への金融制裁解除を事実上容認
北朝鮮の実験

 【ワシントン=五十嵐文】米財務省は14日午後(日本時間15日未明)、米国の金融制裁で北朝鮮関連口座が凍結されているマカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」に関する最終的な調査結果を発表した。

 これによると、BDAに対し、資金洗浄などの違法行為を容認していたとして、米金融機関との取引禁止を正式決定する一方、総額2500万ドル(約29億円)に上る北朝鮮関連口座の扱いについては、マカオ当局の判断に委ねる方針を示した。

 事実上、北朝鮮への制裁解除を認める措置で、今後はマカオ当局による解除の規模や時期が焦点となる(以下略)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070315it01.htm
しかし、これがロイター発の情報を元に記事を書いた所ではニュアンスが変わってくる。
米財務省、米銀によるマカオBDAとの取引禁止へ
 【ワシントン 13日 ロイター】 米財務省は、米国の銀行に対し、違法取引が疑われる北朝鮮関連資金が凍結されているマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)との取引を禁止する方針。米当局者が13日明らかにした。(以下略)
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/2007-03-14T143537Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-251096-1.html
※太字はこちらで強調補足

日本のほとんどのマスコミがもとにした共同通信の記事は、
どうも韓国のマスコミの論調と似ている。
米国がBDA制裁措置発表、北朝鮮資金返還へ道
2007/03/15 08:11
【ワシントン14日聯合】米財務省が14日、北朝鮮の違法マネーロンダリング(資金洗浄)にかかわった疑いをもたれているマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に対する制裁措置を発表したことから、BDAに凍結されていた北朝鮮の資金の一部、または全額が北朝鮮に戻される道が開けた。
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=2007031500020088
…当該銀行への制裁措置を報じながら、その後で「北朝鮮に金が戻ってくる」というお花畑報道になるのが訳分かりませんが(^^;)

この流れに便乗して、こんな報道をする所も出てきたが
金融制裁解除

6カ国協議進展に弾み

 【北京=城内康伸】米国が14日、北朝鮮に対する金融制裁で、マカオにある銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に凍結された北朝鮮関連口座の凍結解除を事実上容認したことは、同国の問題をめぐる6カ国協議の進展に弾みをつけそうだ。

 米国は2005年5月、北朝鮮の米ドル紙幣偽造やマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとして、BDAに対する制裁措置を実施。北朝鮮側は米国による「敵視政策」と激しく反発し、制裁解除が核問題解決に向けた議論の前提と主張、最優先の外交課題として取り組んで来た。

 米国によって口座の扱いを一任されるマカオの金融当局は、北朝鮮側による預金の引き出しを認めるものとみられる。消息筋によると、凍結資金2500万ドルは2段階に分け、北朝鮮側に全額返還されることになるとの情報もある。

 金融制裁は「法執行の問題」としてきた米国が事実上、核問題と引き換えに、北朝鮮側の要望に応じた形。6カ国協議は3つの作業部会を15日から順次開催する形で事実上始まる。今回の措置は、核問題をめぐる議論の進展に肯定的な影響を与えるとみられる。

(2007年3月15日)
http://www.chunichi.co.jp/feature/niccho/070315T1528.shtml
西日本新聞に至ってはこんな楽観的な社説を発表したりしている。→次は北朝鮮が実行の番だ 米制裁解除

しかし。
3月15日に中国が遺憾表明を発表したことで「状況は一変」する。
BDAと米金融機関の取引禁止の発表、中国が遺憾表明

2007.03.15
Web posted at: 20:09 JST
- CNN/REUTERS

北京――米財務省が14日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の関連口座が資金洗浄疑惑などに絡め凍結されていたマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)と米金融機関の取引禁止を発表した問題で、中国外務省報道官は15日、遺憾の意を表明した。

米国の国内法が、中国の特別行政区であるマカオに適用されたことへの不満となっている。米財務省は、BDAとの取引を封じることで、同行を米金融システムと無関係にした上で、違法取引と関係ないと認められた一部の北朝鮮資金についてマカオ当局の凍結解除を容認したとみられている。
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200703150022.html
これは全然「状況が一変」したわけではなくて、記事を最初から注意深く読んでいる人なら分かるように、今回の「凍結解除」は舞台となっているバンコ・デル・アジア(略称「BDA」)が今後一切アメリカでの取り引きが出来なくなったことと引き替えになっているから、中国の反発は当然といえば当然。結果、北朝鮮の資金は確かに凍結解除される物の、BDAは哀れ倒産に向かう模様である(韓国の中央日報しかソースが無くて申し訳ない
この結果を見ては、これから北朝鮮のお金を引き受ける銀行はなくなるだろうし、結局北朝鮮は金融では干上がることになるのでは。

振り返って、日本のマスコミは一体何を見て報道していたのかと。
物事の本質を見抜いて人に伝える努力は全くしていないように思われる。これで「ジャーナリスト」とか胸はれるのか?

しかし、私たちのような一般ピープルは情報源は今だこれらのマスゴミに頼らざるを得ないのも事実_| ̄|○
取りあえずは見出しのレトリックを信用せず、真の「メディアリテラシー」力を磨いていくしかないのだろう。



スポンサーサイト


日本の世界のマスゴミ様江 | 18:58:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
よーくわかりました。
解除の一報が携帯の臨時ニュースメールで届いた時には膝から崩れそうになりました。
その後、「中国が遺憾表明」のニュースが届いたので、何のことやら、さっぱり・・でした。
帰宅してよくよく情報を集めたらそういうことかと・・・。

このブログで更によく整理されていて本当によくわかりました。こんな仕事なら伝書鳩で十分じゃないかよ、と呆れています。

これからも更新、楽しみにしています。
2007-03-17 土 20:15:23 | URL | ななくさ [編集]
コメントありがとうございます
コメントありがとうございます。
今回の件、日本のマスゴミ…いやマスコミも事実は報じているんですよね。ただ、見出しの付け方が話の本質から目をそらしているように見えます。というか、それが目的でああいう見出しを付けたような気もしますが。

本日のニュースの報道(といっても見たのはNHKだけですが)も、「アメリカが一方的譲歩、日本は孤立」と言わんばかりの報道でしたね。ただ、実際「返還される資金」は中国の銀行の管理下に置かれるので、(http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070319AT2M1900I19032007.html)今後の北朝鮮の対応如何では中国に第2,第3のBDAが誕生してしまうかと思いますので、どこまで中国が我慢できるのかなあ、と考えています。それでも中国は今まで通り北朝鮮をかばうのかな。

にしても、こういう国民をトリックに巻き込む報道姿勢にだまされないよう気をつけなければいけないと思います。戦前はこの調子でほとんどの国民は戦勝ムードに浮かれさせられていたのですから。
2007-03-19 月 23:00:44 | URL | ばんない [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。