現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】関テレを追放し、TBSはおとがめなしの民放連
2007年3月27日 23:11
民放連が関テレの除名決定 2例目、番組内容では初 

 情報番組「発掘!あるある大事典☆」の捏造問題で、民放連(広瀬道貞会長)は27日、東京都内で緊急対策委員会を開き、制作した関西テレビ(大阪市)を除名することを決めた。4月19日に理事会と臨時総会を開き、正式決定する。

 関テレは同日夕、総務省近畿総合通信局に、内部統制強化など再生に向けた施策を盛り込んだ最終調査報告書を提出。その後、千草宗一郎社長が記者会見し、自らの進退問題については「行政処分の結果を踏まえ、検証番組を終えた上で経営責任を明らかにしたい」と述べた。総務省は近く処分を発表、関テレは検証番組を来月中に放送する。

 民放連の除名処分は、CMの未放送問題を起こした1999年の静岡第一テレビ(静岡市)以来2例目で、番組内容をめぐっては初めて。また準キー局の除名処分も初。最も厳しい処分を下すことで、放送界の自浄能力を示すのが狙い。
http://kumanichi.com/news/kyodo/index.cfm?id=20070327000468&cid=main
他類似ニュース検索結果 こちら

ところで同じ頃に似たような番組で似たような問題をTBSも起こしており(拙ブログ関連記事こちら)、TBSの内部調査→処分のみで終了しているようなのだが
TBSが不適切表現で関係者12人を処分

 TBS系の情報バラエティー番組「人間!これでいいのだ」と「サンデー・ジャポン」で不適切な表現などがあった問題で、同社は22日までに関係者計12人を処分した。

 「人間-」では、特定の音を「頭の良くなる音」と断定的に放送するなどしたとして、城所賢一郎専務らを厳重注意、制作局長らを2日間の出勤停止とするなど計7人を処分。処分とは別に、井上弘社長は月額報酬1カ月の1割を返上した。

 また「サンデー・ジャポン」では、柳沢伯夫厚生労働相の「産む機械」発言を不適切に編集したとして、制作プロデューサーを出勤停止にするなど計5人を処分した。
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070322-173439.html
その他 朝日新聞
TBSに関する処分の話は民放連の中からは全く出ていないようである。

内部調査、関西テレビが内部に甘くてTBSが厳しいというわけでもないだろう。現にTBSが内に厳しいなら、つい最近においてこんな問題は起こさないはずである。しかし、外部有識者の調査が入ったのは関西テレビだけで、何故かTBSはおとがめ無しとなった。

民放連は最初に問題が発覚した関西テレビを厳しく罰して自浄能力があるように見せかけているだけで、東京キー局で大手のTBSの失態を世間から見えないようにし向けているように見受けられるが、如何。


2007/3/29追記
なんとこの記事を書いた直後にTBSがまたまたまたまた…(もう何回目か…)「やらかしていた」事が発覚。
不二家「みの朝ズバッ!」TBSに抗議

 1月に不適切製造が発覚した大手菓子メーカー「不二家」が28日、1月22日のTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」(月~金午前5時30分)の放送内容に対し、事実誤認の抗議をしていることが明らかになった。同社は記者会見で説明したが、TBSも報道機関に説明会を開いて一部の不正確な表現を認めながらも、取材の信頼性には自信を示した。今後も両社間で話し合いが行われていく予定だ。

 不二家は、経営再建を考える外部有識者で結成した「外部から不二家を変える改革委員会」後に会見。「朝ズバッ!」で指摘された「平塚工場で期限切れのチョコレートをパッケージを付け替えて再使用したこと」「売れ残りチョコレートを回収し、溶かして再製品化して出荷した」という2点について放送直後に「事実ではない」とTBSに指摘していたことを明かした。29日発売の「週刊文春」により表面化した。

 同番組は「平塚工場の元従業員の証言」を元に構成された。この日午後、同問題について説明したTBSも、不適切な表現を認めた。「牛乳のような何かを注ぎ足した」という証言を「牛乳と断定したフリップで報道してしまい、正確性に欠いた」と説明。また、出演した複数の証言者が、10年以上前の従業員だったことを明かし「現在の従業員のように思わせたことは、説明不足で問題があった」とした。

 ただし、不二家から指摘された2点については「元従業員の証言は具体性があり、証言内容も一貫して変わっていない。取材内容には信頼性を持っている」と、主張した。一方の不二家も今後、訴訟を起こすつもりはないという。不二家広報室は「私どもも洋菓子について不備があり、すべてに胸を張って言えるわけではないが、明らかに事実と異なる部分は修正をお願いしたいとTBSと話し合っている」。強気になりきれない胸中が見えてくる。

 TBSも「人間!これでいいのだ」や「サンデージャポン」の不適切な放送内容で視聴者に誤解を与えたばかり。責任を取り月額報酬10%の返上を発表したばかりのTBS井上弘社長は、この日の会見で「史上最高の営業利益見込みで、ドラマなどで視聴率も好調。上げ潮ムードの中で、信頼を失墜するようなことはもったいない。教育、チェック体制も必死でやってるのですが…」と困惑していた。

[2007年3月29日8時8分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070329-176582.html
他関連ニュースの検索結果はこちら
「取材の結果は合ってる」という自信をお持ちのようですが、
10年以上前のお話を今あったかのようにこのタイミングで蒸し返すのはやっぱり印象報道なんじゃないですかね?
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 11:59:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。