現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝日新聞が独占した「卜部日記」
ちょっと古いニュースだが
昭和天皇、晩年の思い克明・卜部侍従の日記明らかに

 昭和天皇の晩年の約20年間侍従を務めた故卜部亮吾氏の日記の一部が26日、朝日新聞の報道で明らかになった。日記は天皇が靖国神社に参拝しない理由について「A級戦犯合祀が御意に召さず」と記している。

 卜部氏は2001年7月31日付で「靖国神社の御参拝をお取りやめになった経緯、直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず」と記しているほか、「靖国合祀以来天皇陛下参拝取止めの記事 合祀を受け入れた松平永芳(宮司)は大馬鹿」(同年8月15日)と書いている。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070426AT1G2600E26042007.html
当事者である朝日新聞の記事はこちら
朝日新聞の記事は早々キャッシュが消えるので、記事全文も引用しておく
逝く昭和と天皇、克明に 卜部侍従32年間の日記刊行へ

2007年04月26日08時01分

 晩年の昭和天皇と香淳皇后に仕え、代替わりの実務を仕切った故・卜部亮吾(うらべ・りょうご)侍従が32年間欠かさずつけていた日記を、朝日新聞社は本人から生前、託された。天皇が病に倒れて以降、皇居の奥でおきていた昭和最後の日々が克明に記されている。天皇の靖国神社参拝取りやめについては「A級戦犯合祀(ごうし)が御意に召さず」と記述。先の戦争への悔恨や、世情への気配りなど、天皇の人柄をしのばせる姿も随所に書きとめられており、昭和史の貴重な記録といえそうだ。

写真故・卜部亮吾侍従の日記。宮中の動きや天皇、皇族方の言動が克明につづられている
写真噴火した伊豆大島で被災者らの見舞いを終え、高速船に乗り込む昭和天皇と卜部亮吾侍従=87年6月22日、東京都大島町の元町港で

 日記で詳細をきわめるのが、昭和天皇の闘病から逝去までの記述だ。

 天皇が強い意欲を示していた戦後初の沖縄訪問は、体調の悪化で中止に追い込まれる。

 87(昭和62)年9月14日、「手術にふみ切る線で沖縄もムリと判断。(略)ついに来るべきものがきたということだが暗雲たれこめうつうつとして楽しまず 今後の諸問題のことが頭をよぎる」。

 腸のバイパス手術を受けた天皇は国事行為や公務への復帰に執念を燃やす。しかし、ブレーキをかける卜部侍従に「突然摂政にした方がよいのではと仰せ」(88年2月9日)。そんなことなら、天皇が重篤な場合などに立てられる摂政を決めたらどうか、といらだちをぶつけている。

 88年9月の吐血以降の容体、肉親の悲しみも痛々しい。見舞った皇族から「助けてとかどうにかならないかの頻発でお気の毒の由 点滴の針も難しくなる」(11月3日)。天皇の意識が遠のいていく中、意識をはっきり保たせるために侍医団は血中アンモニアを減少させる薬剤を使用していた。「今朝は反応がかなりはっきりしてこられた由 とにかく摂政の話を消すためにも意識混濁の表現は禁句と」(同29日)。肉親への反応も徐々に鈍っていく。「常陸宮同妃御参 殿下おもうさま(お父さま)と呼びかけ わずかに眼お開きか」(12月17日)

 翌89年1月7日、卜部侍従は、息を引き取った天皇の髪を整えひげをそる。「たんかにて御尊骸(そんがい)を御寝室からお居間にお移しする あまりに重いのに驚く」

 靖国神社参拝取りやめの理由についても記述されている。

 最後となった天皇の記者会見から数日後の88年4月28日。「お召しがあったので吹上へ 長官拝謁(はいえつ)のあと出たら靖国の戦犯合祀と中国の批判・奥野発言のこと」。「靖国」以降の文章には赤線が引かれている。

 昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀に不快感を吐露したとみられる富田朝彦宮内庁長官(当時)のメモも同じ日付。天皇は富田長官と前後して卜部侍従にも戦犯合祀問題を語っていたことになる。そして、卜部侍従は亡くなる直前、「靖国神社の御参拝をお取りやめになった経緯 直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず」(01年7月31日)と記している。

 日記の随所にみられるのが、終戦記念日や原爆の日に律義に慎む天皇の姿だ。2・26事件の日もその一つだった。

 事件から41年たった77(昭和52)年2月26日。天皇は意外な言葉を口にする。「御就寝前 治安は何もないかとのお尋ね」。天皇のトラウマの深さがうかがえる。

 忍び寄る老いとの闘いも記録されている。75年2月17日、73歳の天皇は祈年祭の最中、賢所(かしこどころ)の中で2度倒れていた。その後の新嘗祭(にいなめさい)でも卜部侍従が天皇の体を支えており、高齢の天皇に祭祀がいかに過酷になったかがわかる。

 このほか、77年7月、皇后が那須で腰椎(ようつい)骨折した際の御用邸内の様子、皇后が次第に心身の不調に陥るプロセスや天皇の心配ぶり、また石油危機では御料車の使用をためらい、行革が叫ばれた時には歴代最長寿の祝賀をやめさせるなど国民感情に気配りする天皇の姿も記録されている。

 日記は「昭和天皇最後の側近・卜部亮吾侍従日記」全5巻として、5月以降朝日新聞社から順次刊行される。


この「卜部日記」については、ブログで指摘している方も多いが、いくつかの謎、というか疑惑がある。
1)「卜部氏本人から託された」と言うことだが、何故発表したのは死後5年も経ってからなのか
2)TVニュースではぼかし(モザイク)がはいっていた部分があるが、そこには何が書いてあるのか。後悔できないようなことなのか。それは誰にとって都合の悪い内容なのか。

ちなみに巻頭に揚げた記事は日本経済新聞社のものだが、日経は去年の終戦の日直前、突如「富田メモ」なるものをだし、この内容の真贋の検証もしかるべき有識者にさせないまま、この記事で「新聞協会賞」も受賞しているのである。

「富田メモ」、日経、今回の「卜部日記」、朝日と来て共通するのは
親中国立場から、靖国参拝反対
という一点である。
「富田メモ」「卜部日記」が全く修正無く、本人が書いたとおりの本物そのままとしても、何故か日経も朝日も「昭和天皇は靖国神社へのA級戦犯合祀反対」というその一点のみを強調し、その他の日記の内容は昭和天皇が死ぬ前後のあたりくらいちょっと書いたくらいで余り触れていない。
日経や朝日はこれらの史料を自分の都合のいいように利用しているだけではないのか?…と思われても当然だろう。
だから、「富田メモ」も「卜部日記」もその真贋や内容について疑問を持つ人が絶えないのである。

私が何より問題だと考えるのは、
これらの史料が日経とか朝日とか
1企業の私物として金儲けの材料となる
ことである。
本来ならこういうものは国立国会図書館とか国立公文書館が所有するべきではないのか。
その点について、日経や朝日は何も考えてないんだろうな。それどころか「俺達は正義の味方だからいいことをしてやった」ぐらいにしか考えてないのだろう(呆)。

※参考:「富田メモ」を”発掘”したという日経記者の井上記者の自慢話が去年の日経2006年10月15日朝刊に載っているらしい。


この卜部日記、朝日新聞社から来月より順次刊行予定だという。
スポンサーサイト


日本の世界のマスゴミ様江 | 12:38:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。