現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】青森県に「脱北者」漂着だそうですが…
青森脱北者:静かな漁港騒然と 小型の木造船に食糧積み

 「自分たちは北朝鮮から逃げてきた」--。青森の漁港で2日朝、確保された男女4人は警察の調べにこう話した。脱北者が船で日本にたどりつくのは極めて珍しい。どのようなルートで、なぜ今来たのか。北の静かな漁港は、騒然とした雰囲気に包まれた。

 深浦港への船の入港を目撃した自営業男性(56)によると、4人が乗っていたボートは小型のエンジンを乗せた全長約7メートルの木造で、コールタールのような塗料で黒っぽく塗装されていた。屋根はなかった。上空を飛ぶ海上保安庁のヘリに朝鮮語で誘導されながら、午前7時半ごろ入港し、接岸。約30人の地元住民が見守った。

 上陸後、年配の女性とみられる脱北者は疲れ切った表情で、座りこんでいた。4人は岸壁で県警や海上保安庁からしばらく事情を聴かれた後、鰺(あじ)ケ沢警察署へ向かったという。

 4人は船体同様、黒っぽいトレーニングウエアを着ていた。船内には、衣服や食料を詰めたとみられる袋や、長距離の航海に備えたのか、燃料を入れたとみられるポリタンク二つを積んでいた。

 また、深浦港近くの旅館の女主人(70)は「4人のアジア人が警察に保護されたと聞いた。朝方、ヘリが港を何度も旋回していたのでおかしいと思っていた。こんなことは今までなかった」と驚きを隠せない様子だった。

 北朝鮮の苦しい生活を逃れるため脱出する住民は、中国やロシアなどに向かう。87年には、福井県沖に停泊した船で男女11人が見つかったことがあるが、帰還事業などで北朝鮮に渡って日本に戻ろうとする脱北者は、中国で公安当局の目を逃れて潜伏生活を送った後、日本の大使館や領事館に保護を求めるなどし、空路日本に来るケースがほとんど。このため、脱北者支援に取り組む関係者らは驚きを持って受け止めた。

 脱北者支援団体「北朝鮮難民救援基金」の加藤博理事長は「地理的なことを考えると、中国よりはロシアから船などで来た脱北者ではないか。数年前には秋田港にロシアの貨物船で入ってきた脱北者もいた。北朝鮮からロシアに仕事で出かけた住民が、そのまま逃げてきたことも考えられる」と話した。

 また、「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の三浦小太郎代表は「中国で何らかの事情により、領事館などに連絡を入れられなかった脱北者が船を使って日本に来たのではないか」と推測する。

 「脱北帰国者支援機構」の坂中英徳代表は「北朝鮮から直接出国することは警備上難しい。仮にそうなら国として不安定な状況をうかがわせる。もし直接日本を目指して来たのなら脱北の新たなケースと言えると思う」と語った。

 朝鮮半島情勢に詳しい重村智計・早稲田大教授は「中朝国境の警備は厳しく、脱北が難しくなっているため、北朝鮮から直接来たことも考えられる。今の時期は日本海も波が穏やかで、気候が幸いして海流に乗って日本にたどり着いたのではないか」と推測する。

毎日新聞 2007年6月2日 12時27分
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070602k0000e040048000c.html

2007/06/02-13:12 脱北者か?外国人4人漂着=「生活苦しく、逃げてきた」-小型漁船で入港・青森
 2日午前4時15分ごろ、青森県深浦町の深浦漁港に、不審な漁船が入港しているのを付近の人が見つけ、110番した。県警や青森海上保安部が船を接岸させ調べたところ、外国人の男女4人が乗っており、身分証などの所持品や会話の内容などから、県警などは北朝鮮からの脱北者が不法入国しようとしたとみて、事情を聴いている。
 調べに対し、4人は「生活が苦しく、北朝鮮から逃げてきた」と供述。毒薬を所持しており、「北朝鮮当局に見つかったら、飲んで死のうと思っていた」と話しているという。
 調べによると、乗っていたのは男3人と女1人で、20~60代の夫婦と子供とみられる。船は全長約7.9メートルで、モーターが付いた木製の小型船だった。
 4人が漂着時、港にいた釣り人が「新潟はどっちだ」と尋ねられ、不審に思って通報したという。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007060200242

※太字は当方補足

えーと
現在一般庶民は非常に苦しい生活をしていると伝えられる北朝鮮で
追加用の燃料とか
脱北用に十分な食料を準備して積んでたとか
自殺用の毒薬まで準備するとか



ほんとにこの4人「脱北者」?(-_-;)
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 17:09:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。