現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天と地と(インド編)
次回大河ドラマに出てくる予定のビジュアル系武将とは関係ありません。ヾ(^^;)

[ジャイプル(インド) 14日 ロイター] 高等学校の試験に受かるまで結婚はしないと宣言しているインドの73歳の男性が、38回目の不合格となってしまった。農業に従事するこの男性は、30代で初めて学問を志し、以後15歳の生徒が通常受ける試験を1969年から毎年受けているが、いまだに合格できないでいる。

 今年の試験では、サンスクリット語以外の全科目で不合格となり、得点は600点満点中103点だった。男性によると、数学が特に難しく、この科目が総合点を下げている原因だという。

 インド西部のラージャスターン州にある村で独身生活を送るこの男性は、ロイターに対し「試験に合格したら、30歳以下の女性と結婚したい」と話した。 
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-26459720070615
志が高いのはいいけど、
試験受かるより先に人生に終幕が降りそうですがヾ(--;)

でも、コメントのなかの「数学がとりわけ難しい」というのは興味深いですね。やはりインドさすがインド

その同じインド
インドで7歳女児が高校合格

 インドの6日付ヒンズー紙などによると、同国北部ウッタルプラデシュ州ラクノーで7歳女児が日本の高校に当たる11年生への進級試験に合格、最年少記録を更新した。インドの教育制度では順調に進級すればあと2年で大学に入学できる。これまでの記録は9歳だった。

 女児はスシマ・バルマちゃん。両親が日雇い労働で生計を立てる貧しい家庭に生まれた。学費は免除されるという。

 将来は医師になり、貧困層向けの病院を運営したいと話している。PTI通信の報道では、スシマちゃんは昨年、9年生になったが、それ以前は家で勉強していた。 (共同)
[ 2007年06月06日 22:06
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20070606069.html

同じインドに生まれながらこの差
世の中はきびちいアルよ
スポンサーサイト


ワイドショー | 13:24:12 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人生は「38転び39起き」である
「継続は力なり」という格言?がある(参考:こちらの読売コラム)。ただし「継続」だけでは必ずしも「力」とはならないこともあるかもしれない(謎)。それを地で行った?ようなインドでのお話が、例によって15日付エキサイトニュース・ロイター配信で伝えている。以下に 2007-06-17 Sun 21:37:35 | 時評親爺

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。