現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【北朝鮮】予想通りつるんでまっせ【プロ市民】
検索中に偶然見つけたのだが
朝鮮新報慰安婦デモ2

朝鮮新報慰安婦デモ1


「慰安婦」問題で「6.14国会前行動」 日本市民ら8時間にわたり活動展開

「被害女性の尊厳取り戻そう!」

 「日本の中から批判の声を、見えるように、聞こえるように、日本政府にぶつけよう!」-日本軍「慰安婦」問題緊急行動ネットワークの呼びかけに14日、各地から約150人の有志が集い「6.14国会前行動」が行われた。参加者は日本軍性奴隷被害女性の写真やプラカードを手に、日本政府に被害女性への直接謝罪と賠償を求めた。同時に、謝罪を求める米国議会決議に対する妨害をやめるよう強く訴えた。国会前でのスタンディングやロビーイング、都内要所での街頭アピールなど小雨がぱらつく中、活動は延べ8時間に渡った。

「日本でも正義の声を」

「『安倍』にも『雨』にも負けないぞ!」と国会前でのスタンディングが精力的に行われた

 5月19日~21日にソウルで行われた第8回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議には、日本から約50人が参加した。

 「日本でも正義の声を上げなければいけない。少しでも被害女性を癒してあげたかった」と、日本軍「慰安婦」問題緊急行動ネットワーク柴崎温子さんは今回の「国会前行動」に至るきっかけについて話す。

 国会前でのスタンディングは正午から始まった。被害女性を代表して南朝鮮から来日した李容洙さん(80)があいさつした。

 李さんは15歳のときに日本軍に連れ去られ、「慰安婦」として台湾での生活を余儀なくされた。暴行を受け腹膜炎になってなお、苦しく虚しい生活は強制され続けた。

被害女性の写真を手に直接謝罪と賠償を求める参加者ら

 「自分が話さなければ誰も知ってくれない」と92年に「過去」を打ち明け、高齢をおして「生き証人」として語り続けている。人々の記憶からなくなり、なかったことになるのが怖いと李さんは言った。

 これに応えるように、なかったことにしてはいけないとの発言が相次いだ。

 参加者らは被害者を無視し、ブッシュ大統領に「謝罪」する安倍首相の言動は、被害女性をさらに苦しめる行動だと指摘。「慰安婦」問題は女性の人生に関わる問題だと強調した。また「自分たちには選挙権がある。問題解決に向けて戦うことができる」「被害者がいなくなったあとで一体、誰に謝るというのか。一刻も早く解決に取り組まなければ恥を残すことになる」といった発言が続いた。

 小雨が降り出したが、「『安倍』にも『雨』にも負けないぞ!」とスタンディングは続いた。

青年たちの声

 多くの青年たちも発言に加わった。高齢者が多い中で、青年たちの発言は参加者を勇気付けた。

 青年たちは、現在の状況が「異常」であることを広く伝えることが重要と主張。歴史を否定することは、人間の尊厳を否定することになると述べ、解決するまであきらめないと決意を語った。

 ハイナンNETの梁英聖さん(24)は「被害者ばかりに頼ることはできない。若い世代が、どんな社会を作り上げていくのかを考えなければいけない。また戦後補償にどう関わっていくのかが課題」としながら民主主義、民族に関わる問題だけに、自分たちが主体にならなければいけないと語った。

 旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会の村上麻衣さん(28)は、政府関係者が被害者の存在自体を否定する発言を聞くたびに、いままで出会った被害女性の顔が頭に浮かぶと心を痛めながら、「国家間の話で終始してしまいがちだが、実際の被害者は一人ひとり。もっと個人の尊厳が大事にされる社会を目指したい」と語った。

「理解、きっと生まれる」

 参加者たちは衆議院、参議院の約80人の議員を訪ねロビーイングを行ったほか、御茶ノ水、秋葉原、渋谷、新宿などで街頭アピールを行い「慰安婦」問題に関する「Q&A」を配布した。

 ロビーイングでは「微妙な問題だ」と消極的な議員もいたが、協力を約束した議員も少なくなかった。

 夕方からは、この日2回目となる国会前でのスタンディングに移った。

 ある予備校の講師は「いままですべてを被害女性に語らせてきた。今後、日本人自らが語っていくことが大事になる。ちゃんと説明していくことで理解はきっと生まれる」と自身の経験を交え話した。

 最後には「被害女性の尊厳を取り戻そう!」とシュプレヒコールが起こり、再会の約束が交わされた。

 「本当はこんな約束したくないのに…」と参加者は口々に言う。日本政府が被害者と真摯に向き合い、一人ひとりへの謝罪を明確に表明した時、「再会の約束」はもう必要ない。

 被害女性の求めているのは正義と尊厳の回復である。それを願い李容洙さんは今日も語り続けている。パスポートは出入国を表す各国のスタンプで悲痛にもいっぱいになった。それでも、まだ、問題は解決していない。国家が責任を認めないかぎり、被害女性の真の名誉を回復することはできない。それはすなわち、同様な惨事の再発防止すら叶わないことを意味する。(鄭尚丘記者)

[朝鮮新報 2007.6.22]
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/05/0705j0622-00001.htm
「朝鮮新報」は朝鮮総連傘下にある新聞。(なので、皆様のお手数をおかけしないよう、全文引用してみました)
※太字は当方補足。
記事の内容もそういう観点を持って、生暖かく見ることが大事かとヾ(^^;)

参加している団体、どんなところかちょっと調べてみました。
日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク
この団体の代表である安原桂子氏とは こちら(検索結果)
「イラク・アフガニスタン国際戦犯民衆法廷 通訳・翻訳者」とか正統なるプロ市民ならば必ず参加しているwww.jca.apc.orgにも堂々と名前を連ね、その公式リンクにもかつて自分のホームページが「ご推薦」として堂々と掲げられ(ホームページ自体は2002年頃に既に閉鎖の模様 アーカイブ
あの「中帰連」とも深いつながりがあり
…もう、いっぱいいっぱいすぎて「うっ」という感じですヾ(^^;)
やはり同会に参加している柴崎温子氏も 検索結果こちら
「関釜裁判」支援者とか極左会報として有名な「人民新報」に記事書いてるし…(((((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
村上麻衣氏はAV女優ばかりがヒットするが_(。_゜)/
おそらく朝鮮新報の写真にAV女優らしい美女人物は一人ものってないから同名の別人であろう。
東京に出来たという「慰安婦」の博物館の初日入場者として動員されているこの人物「慰安婦ネタ」で中学生に洗脳教育をしているこの人物靖国参拝反対署名をしているこの人物「心神喪失者等医療観察法廃止署名」に参加しているこの人物と同一人物であろう。

つまり、極左運動を通じてふかーくふかーくつながったお仲間同士が、愛する北朝鮮のためにちょうちんデモを行ったと言うことですな(爆)。最初から見え見えでわかっていたけどね。
スポンサーサイト


「慰安婦」騒動を考える? | 23:27:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。