現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【共同】朝鮮総連がさ入れは安倍政権の陰謀?【後出しじゃんけん】
神戸新聞2007年8月8日記事その1

長文で、気力がないため活字には起こさないが(すみません)
要は「今回の朝鮮総連の脱税立ち退き騒動は安倍首相の陰謀なんだよ!」と言うことらしい。
神戸新聞2007年8月8日記事その2
凶導共同通信的には。

民族弾圧だって言いたいなら、その時に書けっつうの。
今頃書くっていうのは
安倍首相も弱りぎみだし、今ならこういう記事書いても簡単に読者だませるだろうな」
という意図が見え見えです。




おまけ

今週末、複数のマスコミで「KY」というキーワードを元にして安倍首相退陣を求める意見が出されたそうだ。
8/10窓―論説委員室から
安倍首相は「KY」?

最近、中高生の間では「KY」という言葉がはやっているらしい。
「K」とは「空気」、「Y」は「読めない」。仲のいい友人同士の間で、周囲の
雰囲気に気づかず身勝手に行動する級友がいたら、「あの子はKY(空気が読めない)だ」
という使い方をする。
この若者言葉が安倍首相を評する時にも使われている。
参院選での自民党の惨敗を話題に、友人の大学教授と雑談していた時だ。
安倍さんは、世間の空気が読めていないのかなあ」と言う私に、教授は「彼は『KY』
なんですよ」と笑った。中学生の娘さんから教わったのだという。
安倍首相が、そんな批判に動揺する気配は見られない。著書「美しい国へ」では、困難
にあたっては、「千万人といえども吾ゆかん」という孟子の言葉をあげて、信念を貫く
大切さを説いている。
確かに、いつの世でも、時代の「空気」にただ流されてはなるまい。だからといって
民意を読み違えては安倍政権の傷は深くなる。
「KY」ほど広がっていないが、面白いのが「ND」だ。広告業界の知人が中学生の
娘さんから聞いたところによると「N」は「人間として」、「D」は「どうも」。
眉をひそめるような行動をする相手に「彼女はNDね」という具合に使う。
安倍首相への逆風が強まっている。判断を誤って、「ND」の声を浴びせられないように
願うばかりだ。<脇坂紀行>
朝日新聞「窓」欄から(web記載無しの模様)
春秋(8/12)

若者の間でKYは「空気が読めない」の略。会議中に耳元でKYとささやいて「場の空気を読め」
と助言したり、誰かをKYと名指しして「空気の読めないやつ」とおとしたりするらしい。
軽いノリの背後に、異端や異質を排除するいじめ感覚も見え隠れする。

▼数が読めないを略してKYというのはどうだろう。目に見えない空気を必死で読んだり、
聞こえない声なき声に耳を澄ませたりするより、民意の在りかを示す選挙結果の数を、
きちんと読むのが政治の本道。安倍首相の耳元で「数を読め」「きちんと読め」とささやき、
親身に忠告する人はいないのだろうか。

▼京都議定書の目標達成が危うい。温暖化ガスを減らす排出権取引にひたすら反対し続ける
経済団体には、KYをダブルで進呈したい。増えているといっても日本の家庭の排出量は、
先進国で最低。数が多いのは産業とオフィス、すなわち企業の排出である。
数字を読めば、努力が必要な分野は自明と言っていい。

▼これまでそっぽを向いていた米豪も参加して、世界の排出権取引市場は急拡大している。
国際的な企業環境は様変わりという。そこを読めなくては、競争力も身につかない。
遅まきながら企業が参加しやすい制度を設け、世界と競いたい。
環境を読み、数を読み、それで風を読む……。
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20070811AS1K1000511082007.html
“若者言葉”定着と消滅の法則 (ゲンダイネット)

「若者の間で『KY』という言葉がはやっていますが、安倍首相はまさにKYだと政界でもいわれています」

 コレ、NHK解説委員が参院選後の報道番組で発したセリフだ。「KY」は「空気が読めない」の略語。(以下略)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/customs_prevailing/story/12gendainet05017873/
日経の方は前半と後半で全く文章が別個になっている悪文ですが(苦笑)

ところで、「KY」というのは上記で引用されているような意味で使われているのか?全くの初耳だったので検索してみると
【独女通信】今もっとも敬遠される女・・・”KY”たちの悩み
2007年06月12日18時00分

読もう読もうとすると、余計にわからなくなってくる!?
先日、かつての同僚シホさんから電話があった。挨拶もそこそこに、彼女は暗く沈んだ声でこういった。「私、こないだ会社で、KYって言われたんだ」。“KY”とは「空気が読めてない」「空気を読め」の略。数年前から使われており、今は死語になりつつあるらしい。(以下略)
http://news.livedoor.com/article/detail/3194462/
という話を見つけた。

死語」?

つまり、今頃になってこの言葉を「若者でも安倍首相退陣の声が」という意味合いを強めようとして使おうとしている連中がマスゴミには多いと言うことのようだ。

ちなみに「KY」とはこの時にも話題になった。
朝日新聞の記者がサンゴ破壊事件を捏造
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:14:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。