現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『現代コリア』廃刊
朝鮮半島情勢に関して、日本では最も誠実に報道・分析していた雑誌だと思うので残念ですね。
雑誌としては廃刊でも、何らかの形で活動は続けて欲しい物です。
現代コリア:財政難で廃刊へ めぐみさん拉致初めて伝える

 朝鮮半島情勢などを扱っている雑誌「現代コリア」(年間10回発行)が、財政難などを理由に廃刊することになった。半世紀近く在日韓国・朝鮮人の人権などを含めて朝鮮問題研究をリードし、横田めぐみさんの拉致を初めて伝えた雑誌だ。編集発行人の佐藤勝巳さん(78)は「拉致問題を通じ朝鮮問題が知られるようになり、歴史的な役割は終えた」と話している。

 現代コリアは、61年11月に「朝鮮研究」として創刊された。60年代後半から70年代は、在日韓国・朝鮮人の人権問題がテーマで、84年に現代コリアに改称、朝鮮半島問題を専門に扱ってきた。めぐみさん拉致を伝えたのは、一般紙が97年2月に報じるより前の96年10月号。韓国に亡命した元工作員の話として、13歳の少女が日本の海岸から拉致されたことを紹介した。その後、特徴から少女がめぐみさんと判明。被害者家族会の結成につながった。

 雑誌は、大学の研究者やジャーナリストらが原稿料なしで執筆。経費は印刷代や発行母体の「現代コリア研究所」の事務所の家賃などだったが、70年ごろの最盛時に約1300部あった部数は年々減少、現在は600部まで落ち込んだ。【長野宏美、工藤哲】

毎日新聞 2007年9月21日 3時00分
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070921k0000m040152000c.html?in=rssw
部数600部弱じゃ、さすがにつらいですな(TOT)
スポンサーサイト


国際時事・特亜本部 | 11:16:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。