現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相変わらず世論誤誘導にご執心の朝日新聞
決議分裂「日本のせい」、安保理各国に反感 給油謝意 2007年09月20日13時06分

 テロ対策特別措置法に基づくインド洋での海上自衛隊の給油活動を継続するため、日米が目指した「国連決議によるお墨付き」は、ロシアの棄権という想定外の結果に終わった。

 ロシアのチュルキン国連大使は決議の本来の目的である国際治安支援部隊(ISAF)の任務延長を、米国主導の対テロ作戦「不朽の自由」(OEF)からはっきり区別。「(OEFの有志)連合の活動は国連の枠外のものだ」と言い切った。

 背景には「安保理の一員でもない特定の国」(チュルキン大使)の国内事情を、安保理決議の交渉に持ち込んだ米国への反発がある。米国は前文をいじるだけなら全会一致に持ち込めると踏んだが、読み違った。

 全会一致が崩れた原因が「これまでなかった海上阻止活動への言及」(同大使)にあるのは明らかだ。各国は「分裂は日本のせいだ」と見ている。賛成した中国の劉振民・国連次席大使も「全会一致を目指す努力を怠ってはいけない。これが前例とならないことを願う」とくぎを刺した。

 来月半ばまで任期が残っているISAFの任期延長を急いだのには、同じく安保理外のドイツの事情もある。独連邦議会は20日からISAFへの派兵延長を議論する予定で、安保理決議が必要だった。結果として、欧州勢が採決を強行した。

 チュルキン大使は採択後、記者団に「議論が尽くせなかった。全会一致にはもう1日必要だった」と強調した。ロシアの協力を取り付ける時間が与えられないまま、不完全な成果と日本への反感だけが残った。
http://www.asahi.com/international/update/0920/TKY200709200161.html
※太字は当方補足
「日本がすべて悪い、日本滅びろ!日本死ね!」…という朝日新聞の希望がつよーくつよーくにじみ出た記事に苦笑。
本当、心底から日本嫌いなんだな、朝日。日本本社の新聞社のはず…だったような気がするが、やっぱり社名は「朝(鮮)日(々)新聞」の略だという噂、本当なのかしらん(^^;)
で、そんなに日本が嫌いなら、もうそろそろ本社を移したらどうかなピョンヤンに(爆)

しかし、さすがに朝日も隠しきれないのかちらっと書いているが、これが採択されたのはヨーロッパの強い押しがあったことに注目。「日本死ね」という朝日らしいテイストの記事なんだが、事実は棄権したのはロシア一カ国のみなのもポイントかと。

他関連ニュース検索結果こちら
産経新聞読売新聞を除くほとんどのマスコミが急に「国連の指示があっても給油継続反対」という民主党と同じ論調に反転した点に注目。一番笑えるのは朝日新聞をそのままコピーしただけの人民日報(中国共産党御用新聞)だが。
スポンサーサイト


日本の世界のマスゴミ様江 | 18:44:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。