現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アフマディネジャドイラン大統領・何故かアメリカ上陸中
最近核開発でお騒がせ・欧米からは総スカンの
イラン大統領・アフマディネジャド氏。

なんとアメリカの大学で講演というのでビックリ!

訪米中のイラン大統領がコロンビア大学で講演、「イランは平和を愛する国」と主張

2007年09月25日 11:15 発信地:ニューヨーク/米国

【9月25日 AFP】国連(UN)総会への出席のため訪米中のイランのマハムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領は24日、コロンビア大学(Columbia University)で講演を行った。同大統領は、「米国が示唆する対イラン戦争はプロパガンダだ」とはねつけるとともに、ホロコーストを否定している、テロを支援しているなどの非難に対して反論した。

 発表当初から物議を醸した同大統領のコロンビア大学での講演は、冒頭、同大のリー・ボーリンジャー(Lee Bollinger)学長との間で、緊張した応酬が交わされた。学長は「悪と対峙するには、まずわれわれの敵を知る必要がある」と招待の理由を説明。これに対して、大統領は「わたしを侮辱しないでくれたまえ」と述べる場面が見られた。

 同大統領は、イランがイラクのシーア派(Shiite)に武器を供給し、米軍のかく乱とイラクの不安定化を狙っているとの指摘について、「イランはイラクの安定化を願っている」とこうした事実の無いことを主張。

 さらに、イランには核を「民生用に」開発する権利があり、イランの核計画は国際原子力機関(IAEA)の査察を受けて合法的・平和的に行われていると改めて強調し、「イランは平和を愛する国。核兵器は人類を破滅させる」と、核兵器を開発する意図がないことを示した。

 また、旧ナチスドイツによるユダヤ人虐殺を否定、「イスラエルは地図から抹消されるべき」だとの発言を行ってきた同大統領は、ホロコーストについて、「生存者といつでも会う用意がある」とも述べた。

 同大統領は以前、ワシントンD.C.のナショナル・プレスクラブ(National Press Club)に対し「ホロスコープはヨーロッパで起こったことだ。そのために、なぜパレスチナの人民が故郷から追放されなければならないのか」との抗議を示していた。

 話題がイランの文化についてに変わると、大統領は時には笑顔を見せながら説明。「イランにはホモセクシャルが1人もいない」との発言については、学生から盛大なやじが飛んだ。(c)AFP/James Hossack
http://www.afpbb.com/article/politics/2288417/2178177
あーあー、思いっきりゲイと腐女子を敵に回す発言をヾ(^^;)
最も上記記事でも書いてあるように、この講演、アメリカでは非常に評判悪かったらしい… 大学側も諸手をあげて歓迎ムードじゃなかったんですけどね
イラン大統領を招待の大学に批判の嵐 米国

 【ニューヨーク=長戸雅子】米コロンビア大学(ニューヨーク市)が、国連総会出席のため当地を訪れるイランのアフマディネジャド大統領を討論会に招待、物議を醸している。同大は「学問の自由」の原則と、多くの問題発言で知られる「テロ支援国」指導者に強く反発する国民感情とのはざまに立たされた形だ。

 この討論会は、「世界の指導者フォーラム」と題した企画のひとつとして、24日午後にアフマディネジャド大統領を招いて行われるもので、大学側は21日夜、予定通りの開催を改めて確認した。

 「対立する考えを学ぶ場を提供する」という趣旨の下、大統領による講演のほか、学生との質疑応答も予定されている。

 ニューヨーク市議会のクリスティーン・クイン議長はこれを受け、「彼のためになぜ丁重な歓迎を用意してあげるのか分からない」と、同大に討論会の撤回を要求した。

 ブルームバーグ・ニューヨーク市長は「大学には誰であろうが招く権利はある」としながらも、「個人的な見解だが、彼の話を聞きに行こうとは思わない」と不快感をにじませた。

 カトリック連合も「テロを支援し、主権国家(イスラエル)の滅亡を誓い、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を否定するような人物が大学に果たせる役割などない」と批判した。

 同大学生の意見はさまざまだ。しかし、AP通信によると、アフマディネジャド大統領への抗議デモに参加するという学生の間にも、「彼は大国の指導者で、たとえ間違っていたとしても、彼の発言を聞くことは重要だ」と討論会には賛意を示す意見もあるという。

 アフマディネジャド大統領は同時テロの“爆心地”、ニューヨークの世界貿易センタービル跡地での献花を申し出て、同市警に「工事中で危険」と拒否されたばかり。

(2007/09/22 12:14)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070922/usa070922012.htm
それでも講演会開いちゃったのはアメリカの懐の広さなんかどうなのか。

ところで、こんなトンデモオヤヂがアメリカに来れたのはこれが理由でした。
イラン大統領が国連演説、「尊大」な大国を批判

2007.09.26
Web posted at: 11:26 JST
- CNN

国連(CNN) イランのアフマディネジャド大統領は25日、国連総会で演説した。大統領はイラン核問題が解決済みとの認識を示すとともに、「悪魔に服従し、自己中心的で無能」だとして大国を厳しく批判した。 (以下略)
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200709260004.html
…話す内容は予想できていたから来なくていいよ
というわけにはいかなかったようだが。ヾ(^^;)
ちなみに去年お騒がせしたチャベスのオヤヂは今回は欠席だったとか。こちら




ところで、今回のこの総会。
日本からは誰が出席してるんだ?
もしかしたら欠席か?…チャベスレベルかよヾ(--;)

うーん、安倍さん、しんどかったのは先日の記者会見で分かったが、もうちょっと頑張って欲しかったな…。
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 00:16:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。