現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北朝鮮制裁をやめろと叫ぶ変な日本人達
緊急集会「東北アジアの平和と日朝国交正常化―制裁をやめ対話と人道支援へ」
(主催=緊急集会実行委員会、呼びかけ=東北アジアに非核、平和の確立を!日朝国交正常化を求める連絡会)が3日、日本教育会館(東京都千代田区)で行われ、日本市民、在日同胞300余人が参加した(写真)。
集会では、日本政府に対し、6者会談の努力に積極的に参加し、 平壌宣言に立ち返って朝・日国交正常化交渉を本格的に再開することを求める参加者らの声が相ついだ。
また、アピールが採択され、対朝鮮制裁の解除などを強く求めた。

集会では主催者を代表して清水澄子氏(朝鮮女性と連帯する会代表、平和フォーラム副代表)があいさつした。

つづいて、来ひんとして招かれた民主党の平岡秀夫衆議院議員社会民主党幹事長の又市征治参議院議員があいさつをした。社民党からは日森文尋衆議院議員も同席した。

続いて集会では、李鍾元・立教大学教授と和田春樹・東京大学名誉教授(日朝国交正常化促進国民協会事務局長)が発言した。

「6カ国協議をめぐる状況と今後の展望」と題して発言した李教授は、今後6者会談で合意した「次の段階」
(▼核施設の不能化▼核プログラムの申告▼エネルギー支援▼テロ支援国家指定解除)が開始されることによって、これまでの実務者レベルの協議が今年後半から来年にかけて外相レベル会合をはじめ首脳までも連動した形の「大きな外交」となり、
朝鮮半島と東北アジアの冷戦構造を変えていく大きな枠組みを作る作業が行われるだろうとの見解を示した。

そのうえで、日朝関係においても真剣な交渉が促されており、
日本は全体的な構図の中で日朝関係をどのように位置規定するのかを定める重要な時期にさしかかっていると指摘した。

「拉致問題をどう考えるべきか-6カ国協議と日朝国交交渉」と題して発言した和田氏は、「拉致問題」について日本政府、メディア、国民は考え方を変えねばならないとしながら、
日本の対朝鮮政策や「拉致問題至上主義路線」は「非現実的なもの」だと指摘した。

そして、日朝国交正常化の早期実現を目指す中で日朝間の諸問題に誠実に取り組むべきだと主張しながら、日朝交渉における平壌宣言の意義を再確認し「日本は朝鮮政府と外交交渉を通じて問題を解決していくしかない」と述べた。

アピールを採択

集会では、東京朝鮮中高級学校高級部3年の朴香さん、
筒井由紀子・KOREAこどもキャンペーン事務局長、洪祥進・
朝鮮人強制連行真相調査団朝鮮人側事務局長が発言した。

最後に、東北アジアの平和と日朝国交正常化に向けたアピールが採択された。
アピールは日本政府に対し
▼朝鮮の人々への水害支援▼「制裁」措置の解除▼在日朝鮮人、団体への圧迫を中止すること-などを求めた。
(呉陽希記者) ソース 朝鮮新報
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/01/0701j1010-00002.htm
延々ずらずらと朝鮮総連御用新聞が書いていますが、一言でまとめると「金と物くれニダ」といういつものクレクレコール。先日の韓国朝鮮の南北首脳怪談会談での宴会の様子は非常に豪華で、物が不足しているとはとても思えませんでしたがねぇ。

それにしても、こういう集会に参加する日本人の気がしれん。
いつもの事ながら、どういう人なのか調べてみました。
清水澄子の検索結果
あらら、元社民党儀陰惨議員さんだったんですね(呆)。議員じゃない今は日朝国交「正常」化のこういう講演会に参加することで名前と日銭をかせいでおられるご様子。日朝利権にしがみついてる典型的な人物のようだ。
だから、又市幹事長とか日森議員などの社民党議員が芋蔓式にこの集会に参加したのもうなずける、というか北朝鮮とのラブラブ関係は未だにずるずる続いているようですね>社民党

気になるのは、民主党議員が一人参加してること。平岡秀夫民主党の「ネクスト法務大臣」という人物だそうでエセ文化人太田光の番組に出演したときには、犯罪被害者の親が出ているその目前で
被害者の母「息子が死んで犯人が1、2年で出てきてのうのうと暮らしてるのが納得できない」
民主党平岡秀夫「死の恐怖を味あわせたい?」
民主党平岡秀夫「彼等にも犯罪を冒す事情があったんですよ」

と言ってのけたという素晴らしいお花畑な思考回路をお持ちの方らしい。

こういう人ですから、今回の集会に出席したのも彼としては当然なんでしょうな。むしろ正義の味方になった気分で、脳内にアドレナリンでまくりだったりして。
しかし、こういう奴を法務大臣にふさわしいとしている民主党も(予想通りとはいえ)ろくでもない政党ですな。

和田春樹…は、超有名な北朝鮮御用学者なので説明略。

筒井由紀子@コリア子供なんとか事務局長は、いわゆるプロ市民に関することにはいろいろと首を突っ込んでおられる方のようだ。
「つくる会」の教科書反対署名
高橋史郎氏の埼玉県教育委員任命にも反対ちなみに高橋史郎氏は「つくる会」の副会長
「地球の木」という東南アジアに木を植えるNGOの理事でもあるようだが 筒井氏ではないが、肩書きに「地球市民」と堂々と書いている人がいるのが心配です(^^;) この「地球の木」、あの「実は集めた寄付金は全部スタッフや呼んだ芸能人の飲み食いに使ってました!?」という問題の「ホワイトバンド運動」しっかり関わっていた

結論
やっぱり北朝鮮の仲間になろうという日本人は変態が多いようでヾ(^^;)
※変態に対して失礼な表現が最後にありましたことをお詫び申し上げます。
スポンサーサイト


国際時事・特亜本部 | 00:16:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。