現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
民主党・小沢氏辞任?キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
先週末の突然の大連立協議が、実は福田首相+自民党サイドではなく、小沢氏サイドから持ちかけられた?という疑惑???(事実かも 苦笑)が持ち上がり
民主・小沢氏、早い段階から連立に前向き…自民関係者

 民主党小沢代表が、首相から連立の打診を受ければ、民主党内を説得する考えを首相に伝えていたことが2日、明らかになった。
Click here to find out more!

 自民党関係者によると、小沢氏は早い段階から自民党との連立に前向きで、民主党内を説得する考えだったという。

 今回は説得に失敗した形だが、小沢氏はなおも連立参加を模索する意向だ。小沢氏は、最終的に連立を断念した場合は、代表を辞任する考えも周辺に漏らしており、成否によっては小沢氏の進退問題が浮上する可能性もある。
(2007年11月3日3時2分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071103i101.htm?from=main1
大連立協議:「決めてきます」小沢氏、首相に言い残す

 「決めてきます」。

 連立政権協議をめぐり緊迫した福田首相と小沢一郎・民主党代表の党首会談。関係者の話によると、打診を受けた小沢氏は首相にこう言い残して、会場となった国会の常任委員長室を後にした。首相は小沢氏の態度に連立政権への好感触を持ったようだ。

 先月30日の党首会談を境に一気に憶測が広がった大連立構想。第一回の会談を前に自民党の伊吹文明幹事長は首相に「小沢氏から大連立構想を持ちかけられても同調しないように」とクギを刺した。一方で、小沢氏も民主党幹部から「総理がもし大連立を持ちかけたら、首相をもらえ」と助言を受けるなど、自民、民主両党内には大連立構想への疑心があった。

 党内の慎重論をよそに首相、小沢氏とも水面下では政策協議への調整を進めていた模様だ。新テロ対策特別措置法案の処理をめぐり、小沢氏は自衛隊派遣恒久法の協議で合意した場合、法案に賛成する考えまで首相に伝えていた。複数の与党幹部は「実際には、連立協議を持ちかけたのは小沢氏だ」とすら指摘する。

 2日の再会談後、小沢氏は役員会で「首相から連立の申し入れがあった。協議に入れば農業政策など参院選の公約が実現できる。みんなの意見が聞きたい」と連立協議に応じるよう求めた。役員から「えっ」という驚きの声が上がった。

 手を挙げた6人全員が、「政策ごとの協議ならまだしも、連立は受け入れられるはずがない」などと反対論を浴びせた。

 小沢氏は「みんなが言うなら分かった。断る」と席を立ち、代表室から「せっかくの誠意だったが対応できない」と首相に断りの電話を入れた。

 民主党幹部の一人は「血迷っている」と吐き捨て、小沢氏側近は「党の批判は抑えられるが、怖いのは世論だ」と話した。

毎日新聞 2007年11月3日 1時37分
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071103k0000m010166000c.html

結果、何故か今までのマスコミの報道では政治的優位にあるはずの民主党内で内紛勃発
民主、連立政権打診を拒否 首相は衆院の中選挙区制示唆

11/03 00:08更新

 福田康夫首相(自民党総裁)は2日午後、国会内で民主党の小沢一郎代表と2回目の党首会談を行った。首相は、自民党と民主党の連立協議を打診。民主党関係者によると、首相は現在の衆院小選挙区制を中選挙区制に見直すことを示唆したという。連立協議について小沢氏は回答を留保したが、民主党は会談後の役員会で拒否することを決定。小沢氏が電話で首相に「連立はのめない、受諾できない」と伝えた。

 「大連立」構想が表面化したことで、政局は一気に流動化する可能性が出てきた。

 会談で小沢氏は、自衛隊海外派遣を随時可能とする恒久法制定に前向きな姿勢を表明した。これに対し、首相は、インド洋での海上自衛隊の補給活動を再開するための新テロ対策特別措置法案の今国会成立に向けた協力を改めて要請。小沢氏は恒久法検討を条件に協力する考えを示した。首相は民主党が連立協議に応じれば恒久法などに関する「政策協議機関」を設置する方針だった。

 会談後の2日夜、首相は首相官邸で記者団に、連立協議について「連立というか、新体制。要するに政策実現のための体制だ」と説明。公明党との関係は「全く変わらない。従来と同じようにやっていく」と強調した。

 これに関し、小沢氏は同日夜、「役員会は政策協議に入ること自体が反対だという人が多数だった」と述べた。

 一方、公明党は会談後に党本部で臨時役員会を開き、しばらく事態を冷静に見守ることを確認した。浜四津敏子代表代行は記者団に「静観する以外ない。首相は事前に太田昭宏代表に『自公関係は必ず維持する』と言っていた」と述べた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/96667

で、こうなったらしい
小沢氏、党代表辞任の意向
2007.11.4 14:04
このニュースのトピックス:民主党

 民主党の小沢一郎代表が党代表を辞任する意向を固めたことが4日、分かった。小沢氏は同日夕、都内の党本部で会見する。小沢氏は10月30日と今月2日の2回にわたって福田康夫首相と会談。2日の会談では、首相から連立政権に向けた協議の打診を受けた。小沢氏は民主党役員会に諮ったが、「政権交代が目的であり、政権に入ることが目的ではない」などと反対を受けて、首相の提案を拒否。民主党内からは首相と2人だけの会談に応じた小沢氏への批判が出ていた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071104/stt0711041404003-n1.htm

盟友???亀井静香に
2007/11/04-12:10 問責決議案は出せない=国民新党・亀井静香氏
 国民新党の亀井静香代表代行は4日午前、フジテレビの番組で、福田康夫首相と小沢一郎民主党代表の党首会談に関し、「福田さんが得点を挙げた。新テロ対策特別措置法案の審議も与党ペースでいき、成立することになる。(民主党は首相に対する)問責決議案は出せないだろう。衆院解散しないで法案成立させる状況ができた」との見方を示した。
 亀井氏は、連立協議の打診を小沢氏が持ち帰ったことについて「事実上(連立に)気を動かしたと判断される。(民主党にとって)政権奪取をしていくような選挙をやれるのか、という問題が出てくる」と指摘した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007110400046
にまでこうあっさり見抜かれたら仕方ないべ。安倍さんにむごいことした祟りアルヨ?ヾ(^^;)

次の民主党党首、持ち回りの順番で行けば菅氏辺りかな。
菅氏なら社民党とは仲良くやっていけそうですね(棒読み)






おまけ
今回の連立協議お膳立てしたのは読売新聞のドン・ナベツネだった模様。
検証―自・民『大連立構想』 お膳立て読売・渡辺氏か

2007年11月4日 10時03分

小沢一郎民主党代表との党首会談を終えた後、首相官邸で記者団の取材に臨む福田康夫首相(右端)=2日夜
写真

 発端は、先月二十五日夜に都内の料亭で開かれた会合だった。

 会合の出席者は、元首相・中曽根康弘や読売新聞グループ本社代表取締役会長の渡辺恒雄、日本テレビ取締役会議長・氏家斉一郎ら。渡辺、氏家は福田政権の誕生にも大きな役割を果たし、首相・福田康夫に、大きな発言力を持つ。民主党代表の小沢一郎とも「しょっちゅう会っている」(閣僚経験者)関係とされる。この席で、自民党と民主党の「大連立」が話題に上った。

 中曽根や渡辺は、宿願である憲法改正を実現するためにも、「大連立」を熱望している。ただ、大連立が実現するとしても、次期衆院選後だと考えていた中曽根は、「衆院解散前に大連立ができるんですか」と質問。渡辺は「できます」と応じた。

 二十八日には若いころ中曽根の秘書を務め、今も中曽根側近の前官房長官・与謝野馨が小沢と都内のホテルで共通の趣味である囲碁の公開対局を行っている。

 福田は翌二十九日朝、自民党幹事長・伊吹文明に党首会談の調整を指示した。「小沢氏は応じないのでは」と懸念する自民党幹部もいたが、福田は「受けるでしょ」と軽くいなした。その言葉通り、小沢は同日夕、あっさり会談を承諾した。

 「党首会談をお膳(ぜん)立てしたのは渡辺氏」。複数の与野党幹部は、こう口をそろえる。

 福田の「大連立」打診にはどんな背景があり、小沢はなぜ申し入れを拒むことになったのか。そして、傷ついたのはどちらだったのか。舞台裏を検証した。  (政治部与野党取材班、敬称略)(以下略)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007110490070732.html
確かにこの連立騒動、読売新聞発のニュースが早くて多いんですよね…
民主・小沢氏、早い段階から連立に前向き…自民関係者 (2007年11月3日3時2分 読売新聞)
「民主党内、絶対まとめる」大連立は小沢氏が持ちかけ (2007年11月4日3時0分 読売新聞)
小沢氏の連立構想、狙いは政策実現と衆院選戦略 (2007年11月4日9時13分 読売新聞)



おまけ2
小沢氏引率?による中国ツアーを近ツリが企画してたようだが
小沢氏引率中国ツアー

 こちら どうなるんだろう。
どっちにしろ消えたら悲しいから、記念に画面は保存しておこうヾ(^^;) 


スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 15:11:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。