現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【関連会社】小沢続投支持?「一般市民」のアヤシイ背景【TBS】
小沢・民主代表:辞意撤回 いたずらに混乱招く 民主に投票の有権者、厳しい声相次ぐ

 突然の辞意表明で党内を混乱させた小沢一郎・民主党代表は6日「恥をさらすようだが」として、続投する意思を示した。しかし一喜一憂する議員たちを尻目に、党役員の説得を受け入れるまでの小沢氏の行動も「密室」の中だった。7月の参院選で民主党に投票した有権者からは、政治そのものへの不信が高まったと訴える人も少なくない。
(中略)

 一方、小沢氏の党首としての力量を評価してきた千葉県浦安市の大学病院非常勤医師、丹下剛さん(65)は「年金問題や相次ぐ官僚の汚職からも政権交代の必要性は感じる。引き続き期待したい」と語り、今回の小沢氏の動きについては「策士の小沢氏なら納得できる」と理解を示した。

 京都市の設計士、近藤容併さん(27)も「容認派」だ。「大連立を組んで政権奪取に近づこうとしていたのだろう。党内部では批判が多いようだが、そこにリーダーシップを感じるので、小沢さんは続投するべきだと思っていた」と安堵(あんど)した。

毎日新聞 2007年11月7日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/ozawa/news/20071107ddm041010156000c.html

丹下剛検索結果 こちら
丹下つよし浦安市会議員
毎日新聞に出てくる「浦安市在住の非常勤医師丹下剛」と「浦安市議丹下つよし」は同一人物のようだが。何で市会議員という経歴は隠すのん>マイニッチ
近藤容併検索結果 こちら
こちらは、検索したところでは今のところふつーの設計士さんの模様。
スポンサーサイト


日本の世界のマスゴミ様江 | 10:32:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。