現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「新聞を教育に活かす」NIEとは
生涯学習の手段にも 長野市で県NIEセミナー

2007年11月11日

 教育現場での新聞活用法を考える「第3回県NIEセミナー」(県新聞活用教育推進協議会主催)が10日、長野市内で開かれた。県内の小中学校、高校に勤務する教諭、報道関係者ら約50人が出席し、子どもが興味を持つ新聞の読ませ方などを話し合った。

 セミナーでは「新聞教育支援センター」(東京都)の吉成勝好代表が講演。一覧性など紙媒体の特長を紹介した上で「新聞は教育現場だけでなく生涯学習の手段になる」とNIL(newspaper in life)を提唱した。

 続いて、東京都の小学校で長年NIEに取り組んでいる竹泉稔教諭が、参加者を“児童”に見立てたNIE授業を展開。「子どもたちは探すことが大好き。たとえば、新聞の値段はどこに書いてあるか、一番大きい字、小さい字はどれか。遊びながらスクラップの基本を教えていきたい」と指導のコツを伝授した。 (遠藤康訓)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20071111/CK2007111102063436.html
11月10日は全国的に「NIE」の大会があちこちで開かれた模様 こちら(google)

さて。
NIEってなんやねん。
と思ったら、公式HPがありました。こちら
私の記憶では1990年代に熱心に毎日新聞が特集記事を良く組んでいた記憶があるのですが、実はかなり古い起源がある教育活動のようです。
NIE(エヌ・アイ・イー)は、Newspaper in Education(教育に新聞を)の略称。学校等で新聞を教材にして勉強する学習運動のことで、1930年代にアメリカで始まりました。
日本では、教育界に新聞界が協力する形で、社団法人日本新聞協会が1989年から組織的な取り組みを始めました。(以下略)
http://www.pressnet.or.jp/nie/aboutnie/top.htm
またこちらではNIEを教育に導入するといいことばかりがあるとアピールしてます当たり前か(^^;)

ただ、
新聞というメディアの問題点には当然触れてません。
「新聞」メディアの問題点といえば
・記事の大小によって、ニュースが与える印象に作為を加えることが出来る
・新聞に関わる人に都合の悪いニュースは報道しないことも可能
などでしょうか。

…そういうことも教えてなかったら、単に新聞信者を増やすための布教活動(「営業」とも言う)のようにしか見えないんだが。
スポンサーサイト


日本の世界のマスゴミ様江 | 18:48:59 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

NIE の情報を最新ブログで検索してみると…
NIEに関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。 2007-11-30 Fri 07:41:46 | マッシュアップサーチラボ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。