現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新しい大阪市長に平松@毎日放送アナ
まあ、近年の大阪市役所の公務員の汚職騒動とそれに対する対応のまずさから、こうなるだろうとは事前にほとんどの人が予測していたと思います。
2007/11/18-23:01 大阪市長に平松氏初当選=民主推薦、自公との対決制す
 任期満了に伴う大阪市長選は18日投開票され、無所属新人で元民放アナウンサーの平松邦夫氏(59)=民主、国民新推薦、社民支持=が、無所属で現職の関淳一氏(72)=自民、公明推薦=、いずれも無所属新人で元市議の姫野浄氏(72)=共産推薦=、元大阪市立大教授の橋爪紳也氏(46)、派遣会社員の藤井永悟氏(31)の4氏を破り、初当選した。投票率は43.61%で、出直し選挙だった2年前の前回を9.69ポイント上回った。同市長選で投票率が40%台に乗ったのは1987年11月以来20年ぶり。
 福田政権発足後、初の政令市長選で、国政の与野党が直接対決したが、民主など野党が推す新人候補に軍配が上がった。
 行財政改革を柱とした市政改革の在り方が主な争点。平松氏は民間出身を強調し、「40年以上続いた助役から市長への流れにストップを」と訴えた。元アナウンサーの知名度も生かし、幅広い層から支持を集めた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007111800257&j1
他関連ニュース検索結果 こちら
マスゴミが
「自公推薦候補敗北!与党は否認された!!!」
…とわめくのも想定の範囲内でしたヾ(^^;)
つか、自民党と公明党は、駄目駄目なのが分かった関前市長をおろして、他の候補を連れて来れなかったのかと小一時間…。

しかし、かつて故・横山ノックを大阪府知事に通したように、またまたまた大阪はTVの見た目だけで首長を選んでしまったような気がしてならない。…平松さんって、たしかに見た目はさわやかで政治のニュースも読んではいましたけど、政治のニュースを読んでも政治能力があるとは当然限らないわけですが。そのまんま東(現 東国原宮崎県知事)はいちおう早稲田大学の政治経済学部でその辺のノウハウを学んだようですが、平松さんはそういうこともしてらっしゃらないわけで。
それどころか
(前文略)同志社大で憲法を学び、「革命」を信じて学生運動にかかわった経験も。(後文略)
http://mainichi.jp/select/opinion/hito/news/20071119k0000m070131000c.html
つまり、大学在学中は学生運動華やかな頃で、ほとんど勉強しないまま卒業証書だけもらったということですな(爆)…駄目じゃん_| ̄|○

それと、今回の大阪市長選の問題となったのは既述のように公務員の堕落なのだが
平松氏を担ぎ出した民主党は、その公務員利権を残すのに熱心な自治労が支持団体なのである。(参考 こちら
こんな人に、大阪市の改革なんて無理に決まってるでしょ。

まあ、2,3年先は大阪市も夕張市の仲間決定かな。
そうなると周囲の町に住んでいる私たちは、大阪市から逃げてくる人の尻拭いしなきゃいけなくなるので今から戦々恐々です(マジ)

拙ブログ関連ネタ こちら


おまけ
某掲示板で、平松アナが市長に立候補するまでの経緯を簡単にまとめてくれていた人がいたが
選挙に出るって話が出たのが
告示まで一ヶ月以内の時期。
で、候補者として名前が出たあとも
出馬表明をするまで毎日放送に勤めていた。

丸川よりも
辞めてから選挙までの期間が短い。

完全に支援団体が固まっていて
確実に毎日放送の社員をしながら
支援団体周りをしていたと思われる。

もう、毎日放送大阪市の問題をちゃんとは
放送しないね。
少なくとも前の関にやったように
市長としての資質を疑うような内容の報道はできない。


※強調は当方補足

最後の4行、とっても同意
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 19:21:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。