現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
防衛庁収賄問題と民主党と朝日とあるフィクサー?
船場吉兆と防衛庁収賄問題で、すっかり忘れ去られた感のある「小沢民主党党首やめるやめる詐欺?」事件。ヾ(^^;)
民主党関係者は船場吉兆に足を向けて寝られないはずだ。(ヲイ)

しかし
もう一方の防衛庁収賄問題では、どうもその民主党がある人物とタッグを組んで火に油を注いでいるらしい。
まずは、以下の町村官房長官の味わい深い質疑応答を御覧頂きたい。
財務相口利き問題にどう答える 官房長官記者会見(20日午前) (1/3ページ)
2007.11.20 11:08

 町村信孝官房長官は20日午前の記者会見で、参院外交防衛委員会が開かれないままとなっており、新テロ対策特別措置法案の審議に入っていないことについて「一刻も早く審議が始まることを期待している。これで国会が国民に対して責任を果たしているのか。民主党が出したイラク特措法廃止法案すら審議しないというのは、一体どういうことなのか。私の単純な頭ではとても理解できない」と述べた。会見の詳細は以下の通り。(略)
【額賀財務相】

--額賀大臣が守屋前次官を通じて入札に口利きしたということを元防衛省官僚が証言していますが、事実関係、受け止めと、今後政府としてどういうふうに対処していくか

「けさの報道は承知しております。詳しくは防衛省のほうで多分、会見等で石破大臣がお話をしておられると思いますが、これは昨年の7月に朝日新聞等で報道されたものとまったく同じ案件ではないかということで、当時防衛庁でも調査をしたということでございます。当時の調査結果でも、関係者を調べたところ、そういう事実は確認できないということで、今回もまた改めて当時の関係者に確認をしたようでございますが、そういう事実はないということのようでございます。ちなみに、この元防衛官僚というのは、これは朝日新聞の報道にも載っておりますが、2001年7月の参院選比例区の民主党から立候補して落選した方だということでありますので、あえて私はそのことを申し上げておきたいと思います」
(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071120/plc0711201108006-n1.htm

その「去年の朝日新聞の報道」というのは勿論残ってない_(。_゜)/が(日本のマスコミは怠慢だなぁ)、関連のあるような記事が最近書かれていたらしい。
額賀財務相側が「口利き」 元防衛官僚が証言

2007年11月20日06時24分

 元防衛官僚太田述正(のぶまさ)氏が、仙台防衛施設局(当時)の局長在任中の00年3月、内閣官房副長官だった額賀福志郎財務相側から、山形県内の建設会社を同局発注工事の指名に入れてほしいという口利きが同局にあった、と朝日新聞記者の取材に語った。額賀氏側は全面的に否定している。太田氏は、要請は防衛庁官房長だった守屋武昌・前防衛事務次官を通じて伝えられたと、当時の同局幹部から報告を受けたと主張し、経緯を記録したとする当時の日記などを公開する意向だ。

 額賀氏側は、同建設会社をめぐる「口利き」や「口添え」、そうした依頼や指示をしたことがあるかという朝日新聞の質問に対し、代理人の弁護士を通じて「一切ない」と回答した。

 太田氏の話によると、00年3月2日夕、当時の仙台防衛施設局の幹部から、山形の建設会社についての額賀氏側の要請が、守屋氏を通じて東京の防衛施設庁側に寄せられたと報告を受けた。この幹部はあわせて▽額賀氏側からの同趣旨の要請は99年中にもあり、99年度にこの会社を1回指名したが、工事は落札していない▽その後、この会社の格付けと工事のランクが合わず、指名できなかった経緯がある――という事情も説明したという。

 太田氏がパソコンに保存している日記の00年3月2日付の部分には、その日一日の出来事とともに「額賀官房副長官から官房長に、山形の ●●〈原文は会社名〉の口添えをしているのに、動きが悪いとのクレームが入ったと●●〈原文は仙台防衛施設局の役職名〉が言ってきた」との記述がある。

 また、太田氏によると、12日後の3月14日、仙台防衛施設局にあいさつに来たこの建設会社の役員2人と局長室で面会したという。同日付の日記には「例の額賀議員がらみの話。●●〈原文は施設局の役職名〉から、本庁●●〈原文は防衛施設庁本庁の役職名〉より、丁重な対応をと言われているとの話があった」との記述がある。また、建設会社役員らが話した内容として「額賀氏の秘書の●●〈原文は名字〉氏から、局の局長のところに顔を出せと言われた」と書かれている。

 太田氏が日記のほかに示したのは、部下に指示し、00年7月7日と11日に、仙台防衛施設局の発注工事や用地買収にからむ口利き事例をまとめて報告させた際のリスト。

 「斡旋(あっせん)利得議員等リスト」と題し、国会議員など14人の実名が記載された文書はパソコンに保存され、この中に「額賀福士〈原文のまま〉郎(衆議院議員)。元防衛庁長官。99・4・23。00・3・2(官房長経由)」などとする記述があった。太田氏は文中の「99・4・23」について、額賀氏側から99年中に業者指名に関する要請があった年月日として報告があった日付を記録したとしている。

 仙台防衛施設局が改編された東北防衛局によると、この建設会社は99年度に公務員宿舎の新築工事1件(00年2月入札)、00年度に車両整備工場などの新築工事1件(00年12月入札)で指名を受けたが、いずれも工事は落札していない。

 太田氏は東大法学部を卒業後、71年に当時の防衛庁にキャリア官僚として入庁。官房審議官などを経て、仙台防衛施設局長を最後に01年3月に退官した。 (以下略)
http://www.asahi.com/special/071029/TKY200711190353.html
で、この証言をしたという太田述正(公式HPこちら)なる人物は、確かに2001年の参院選に民主党からでて落選した人のようである。つまり、太田述正氏は民主党の子分なんですな。
ああ、自分の公式HPのトップに
対米依存、保身と癒着の自民党政治では、国が危うい。

って、「俺は自民党嫌いなんじゃ!」と言うこと表明されてますね、はい。今更こんな事書いて申し訳ない。

でもさ…こんな人の「証言」を大々的にスクープとして取り上げる朝日新聞って…。
それと最後の大田氏の略歴のところで、何で民主党から出馬して落選したと言うことに触れないんだろ?わざとかな。
スポンサーサイト


日本の政治 | 00:22:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。