現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最高裁で蔵書廃棄について逆転判決
「新しい歴史教科書」の内容はともかく、やはり此の司書のやり方は行き過ぎも良いところでしょう。
と言いつつ、なんと地裁でも高裁でも司書の行動を支持する判決が出ていたとは(○。○)ちょっと私にも事実誤認がありました(関連ブログを参照)
最高裁で、ようやくまともな判決が出たようです。
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050714/eve_____sya_____010.shtml
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050714000184
http://www.asahi.com/national/update/0714/TKY200507140233.html
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050714AT1G1400W14072005.html
この事件の概要については、東京新聞の記事をそのままコピペ。


本廃棄、著者の利益侵害 公立図書館訴訟
『つくる会』実質勝訴

 千葉県船橋市の市立西図書館に著書などを捨てられ、言論弾圧を受けたとして、「新しい歴史教科書をつくる会」と作家井沢元彦さんら七人が、同市に二千四百万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が十四日、最高裁第一小法廷であった。

 横尾和子裁判長は「独断的な廃棄で、著者の利益を侵害した」と述べ、つくる会側の訴えを退けた一、二審判決を破棄して審理を東京高裁に差し戻し、賠償額を算定するよう命じた。つくる会側の事実上の逆転勝訴となった。

 原告側は、同図書館の司書が二〇〇一年八月、思想的嫌悪を理由に、つくる会や井沢さんらの著書計百七冊を蔵書リストから除外して廃棄したとして、翌年に提訴した。

 横尾裁判長は判決理由で、公立図書館の役割について「著者にとっては、思想や意見を公衆に伝達する公的な場」と指摘。「職員は独断的な評価や好みにとらわれることなく、公正に図書館資料を取り扱う職務上の義務がある」との初判断を示し、職員の行為の違法性を認定した。

 一審の東京地裁は〇三年、「蔵書の取り扱いは市の裁量に任されており、著者に対し法的責任は負わない」として、原告側の請求を棄却。

 二審の東京高裁が昨年、東京地裁判決を支持し、原告側が上告していた。

■メモ

 <船橋市の図書館蔵書廃棄> 2001年8月、船橋市立西図書館が187冊の蔵書を廃棄。うち107冊は破損などの廃棄基準に該当せず、大半が「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらの著書だった。市教委は02年5月、「女性司書が独断で蔵書リストから外した」として、この司書を含む5人を減給などの処分にしたが、つくる会や著者は「不当な言論弾圧だ」と慰謝料などを求め、同年8月に提訴した。



私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-55.html
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:36:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。