現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
EU議会でも「慰安婦」謝罪法案可決 補足
拙ブログ前回ネタ こちら

韓国連合ニュース2007年12月14日

前回で紹介した「圧倒的可決」by毎日新聞の時の会場の様子です。
元ネタはこちらにあります(韓国の連合ニュース)

こんなにがらがらだったのは理由があって、同じ日にヨーロッパにとってはこんな決議なんかより遙かに重要度の高い行事があったからでした。
2007/12/13-22:30 「リスボン条約」に署名=09年1月発効目指す-EU
 【ブリュッセル13日時事】欧州連合(EU)加盟27カ国は13日、ポルトガルの首都リスボンで、拡大を続けるEUの効率的な運営や機構改革をうたった新基本条約「リスボン条約」に署名した。各国は2008年中の批准、09年1月の発効を目指す。
 EUの現行基本条約「ニース条約」は、加盟国数を27カ国までしか想定していないが、EUには今後、バルカン諸国などの加盟が確実。リスボン条約はこうした加盟国数の増加に備えたもので、EUの対外的な顔となる欧州理事会常任議長(EU大統領)の創設など、新機軸も打ち出している。
 EUの現議長国ポルトガルのソクラテス首相は署名に先立ち演説し、「歴史はきょうを、欧州の理想に向かう新たな希望の道が開かれた日として記憶にとどめるだろう」と語った。EUの執行機関、欧州委員会のバローゾ委員長は、「リスボン条約は地中海からバルト海、大西洋から黒海へと拡大した欧州のための条約だ」と位置付けた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007121300578
他関連ニュース検索結果こちら

しかし、今回の「慰安婦」法案を通した連中の魂胆は、最初からこの日を狙ってこの案を上程したんじゃないかと言うこと。EUの関心が本当は低くても、通してしまえば一応「決議」であることには変わりないのですから。
この「慰安婦」とその支援者の頭の中身がいかに陰湿で凶悪、且つ卑怯きわまりない連中なのか、このやり口からも伺い知れます。

ちなみに今回の「慰安婦」決議なるものの内容が中国新聞に載っていますが
これを見ると、この「決議」なるものを書いた人は、いわゆる「慰安婦」とその支援者の言い分だけを丸写しし、先年の「お詫び」事業や教科書問題騒動を反映しておらず、まともに日本での調査も検討も行ってないことは明らかです。
12月14日1時40分更新
慰安婦決議の要旨 
 【ブリュッセル13日共同】欧州連合(EU)欧州議会が採択した従軍慰安婦決議の要旨は次の通り。

 ▽事実認定など
 一、第2次大戦終戦まで日本政府は軍に対する性的労働のため、慰安婦徴用に関与。
 一、20世紀最大の人身売買の1つ。
 一、数十件の訴訟が日本の法廷で棄却。
 一、1993年の河野洋平官房長官、94年の村山富市首相の談話を歓迎。
 一、日本の一部政治家が談話を希薄化、無効化する意見を表明。
 一、日本の一部学校教科書が慰安婦問題を矮小(わいしょう)化。
 ▽対日要求
 一、公式な被害認定、謝罪を行い、明確な形で歴史的、法的な責任を負うことを日本政府に要求。すべての元慰安婦、遺族らへの賠償を要求。
 一、慰安婦問題が存在しないとする主張に対する公式な否定を要求。
 一、日本の国会に賠償請求の障害を除去する立法措置を要求。
 一、日本国民と政府に、自国の歴史を十分に認識することを奨励し、将来にわたる教育を要求。
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2007121301000714_Detail.html
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 22:57:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。