現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】「わたくし、C型肝炎原告団から離脱いたします。」
最近マスコミに持ち上げられすぎたのか、それともそれに便乗するどこかの政党のせいなのか
なんだかなな言動と行動ばかりが目立つC型肝炎原告団のご一行様ですが
こういう方もいらっしゃいます
原告団離脱、NPO申請の森上さん 望みは「肝炎撲滅」
2007年12月27日(木)04:11

* 産経新聞

 薬害C型肝炎訴訟で、全国原告団からひとり離脱し、肝炎の撲滅に向けた活動に取り組む原告がいる。大阪訴訟の原告だった森上悦子さん(58)だ。肝炎の治療体制の整備などを国に求めるため、夫の操さん(60)らとNPO法人設立を目指して、持てる力を振り絞っている。

 悦子さんは昭和49年1月、長男の出産時に血液製剤「フィブリノゲン」を投与された。13年後の62年、感染が判明。長い闘いの始まりだった。

 薬害に限らず「肝炎」という病気に苦しむ患者と触れあう中で、治療体制の整備や医療費助成などを確立する必要性を痛感。平成16年、全国の肝炎患者の家族らと「肝炎家族の会」を結成し、国会議員への陳情を重ねた。

 大阪高裁が和解骨子案を示した今月13日には、「家族の会」のNPO認証を申請。来春にも認証される見通しだ。

 一方で今年6月、悦子さんは全国原告団から離脱した。薬害の責任追及に力点を置く原告団と、訴訟の方針が異なってきたからだ。操さんは「限られた国の予算を研究や治療費の助成に充ててほしい」と訴える。

 肝がんにまで進行した病状も生体肝移植で一度は治癒したが、今は肝炎を再発。糖尿病なども併発し病院の無菌室で過ごす。目もほとんど見えなくなった。それでも心は折れていない。悦子さんは「国は一刻も早く肝炎を撲滅させてほしい。私の望みはそれだけ」。

 ≪第2次和解案、年明けに延期 大阪高裁≫

 薬害C型肝炎訴訟の和解協議をめぐり、大阪高裁は26日、年内にも示す予定だった第2次和解骨子案の提示を来年に延ばすことを正式に決めた。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/m20071227016.html
実際、肝炎そのもの撲滅するのは難しいかと思いますが、本末転倒な行動が目立ってきた原告団に変わって、不自由な体で本来の道を歩まれるその勇気に拍手。
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 23:51:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。