現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
薬害肝炎の原告団マスコットガール・プロ市民宣言
拙ブログ関連 こちら

薬害肝炎が全面解決へ 原告・福田さん「やっと報われた」

救済を訴える薬害肝炎訴訟原告の福田衣里子さん(右)=19日、東京・銀座
 薬害肝炎被害者の救済法案をめぐり、与党プロジェクトチーム(PT)と原告側は二十八日、国会内で協議し、法案骨子と和解基本合意書の骨子案について合意した。

 鈴木利広全国弁護団代表は「われわれの意見はすべての項目について、しっかり入っている」と述べ、今後、東京、大阪、仙台、名古屋、福岡の各地裁、高裁で順次、和解手続きに入る方針を表明。同訴訟は提訴から五年ぶりに全面解決することになった。

 「病気になったことにも意味があると信じたい。そうすれば新しい一歩を踏み出すことができるから」。原告の福田衣里子さん(27)=長崎市=は、母親と同世代の仲間とともに先頭に立って奮闘。全面解決への道が開けた二十八日「やっと報われた」と声を弾ませた。

 一九八〇年、長崎市の病院で生まれた際にへその緒から大量出血。汚染された第九因子製剤「クリスマシン」を投与され、C型肝炎ウイルスに感染した。

 小さいころからやんちゃで、好奇心旺盛。二〇〇〇年夏「世界中のいろんなものを見たい。本当にやりたいことを見つけたい」と大学を休学し、リュックサック一つで旅に出た。

 「パン職人になりたい」。旅先のフランスで出会った味に感動し、帰国後は実家近くのパン屋でアルバイトを始めた。「心を込めて焼いたパンをお客さんが買ってくれた。毎日が喜びの連続だった」と振り返る。

 だが翌年、生活が暗転する。自分が生まれた病院名が汚染製剤の納入先として新聞に掲載され、母親に勧められた血液検査で感染が分かった。

 「発症はしていなかったし、最初は『感染くらいじゃ死なない』ぐらいにしか思っていなかった」。しかし肝機能数値は徐々に悪化。疲れやすくなり、生地づくりや材料運びができなくなった。「夢をあきらめた」。バイトも、休学していた大学も辞めた。

 〇三年に始めたインターフェロン治療の副作用は、想像を超える苦しさだった。立ち上がることもできず「寝る時間ももったいないくらい充実していたのに、ただ生きているだけの日々になった」。病院のベッドの中で声を押し殺して泣いた。

 「お母さんはいいね。結婚して子どもも産んで」。やり場のない気持ちを母親にぶつけた。普通に仕事を持ち、家庭を築いていく友達がまぶしく見えた。

 提訴は〇四年。「悪いことは何もしていない。正々堂々と闘いたい」。実名を明かしたのは、自分と同じように薬害に苦しみながら、泣き寝入りしている若者がいることを国や企業に伝えたかったからだ。

 治療の効果で、肝炎ウイルスは検出限界値以下になったという。親がかりの生活に後ろめたさを覚えるが「中途半端な気持ちでは闘えない」と就職は見送ったままだ。

 「薬害でいろいろな可能性を奪われたのは、とても悔しい。でも、自分がそこから抜け出せないことがもっと悔しい」。訴訟が全面解決したら、次の夢探しが始まる。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20071229/01.shtml
といっていた人が、1/14放送の「News ZERO」でその「次の夢」を発表。
ニュースZERO2008年1月14日

公式HPにはその内容が載っていないが、某掲示板によると
 Nゼロで例の血液製剤の27歳の人が出てたんだけど
「誕生時に臍から出血が止まらなくて血液製剤を使われた。
その話しは親から聞かされて無かった」
「学生時代は空手やってて有段者」
「大学卒業後にフランスに旅行に行ってフランスのパンのおいしさに感動してパン職人になろうと思った」
「帰国後に血液検査を受けて判った」
「自覚症状は殆ど無かった」
「治療を受けて今はほぼ完治してるけど、他の患者さんのために頑張る

ちょっと待った、もう患者じゃないのに今回の法律で金もぎ取ったってことか?
更に今回有名になったことを活かして「さらなるご活動」をなさられる所存だそうです。

…どう考えても自分の不幸をネタにしたユ○リタ○リとしか思えません。
こんなのをあがめたてまつるマスコミもマスゴミだ。
スポンサーサイト


テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

ぁゃιぃ文化人 | 00:34:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。