現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北朝鮮、テロ支援国家指定を外れる?!
『北朝鮮、テロ指定解除基準満たす』 米高官、拉致解決を除外

2008年1月23日 夕刊

 【ワシントン=立尾良二】米国務省のデーリー・テロ対策調整官は二十二日、米国による北朝鮮のテロ支援国家指定解除問題について「北朝鮮は(解除する)基準を満たしているようだ」と述べた。ただ、実際に解除するかどうかは、北朝鮮の核放棄の進展にかかっているとも指摘した。

 同調整官は、日本人拉致問題に関連し「議題になっているとしても、指定解除の基準は満たしていると思う」と述べ、拉致問題は指定解除の障害にならないとの見解を示した。日本政府は指定解除の条件として拉致問題解決を米政府に強く求めており、同調整官の発言は波紋を広げそうだ。

 北朝鮮は、核問題をめぐる六カ国協議で合意した昨年末までの核計画の申告を履行しておらず、米朝は対立。北朝鮮が要求する見返りのテロ支援国家指定解除などの手続きも停滞している。

 一方、ライス米国務長官は二十二日、北朝鮮人権問題担当のレフコウィッツ米大統領特使が、北朝鮮は核放棄に真剣でないとして、六カ国協議の効果に疑問を呈する発言をしたことに対し、「彼は六カ国協議で何が行われているのか知らない。同協議における米政策について発言する権利はない」と非難。対北朝鮮政策の行き詰まりで、ブッシュ政権内で論争が起きているとみられる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008012302081758.html
他類似ニュース検索結果 こちら

ただ、ロイターでは同じニュースでもちょっとニュアンスが違うようだが
北朝鮮、テロ支援国指定解除の基準満たした模様=米高官
2008年 01月 23日 11:26 JST

記事を印刷する
[-] 文字サイズ [+]

 [ワシントン 22日 ロイター] 米国務省のデーリー・テロ対策調整官は22日、記者団に対し、北朝鮮はテロ支援国指定解除の法的基準を満たした模様との見解を示した。ただ実際の解除については、北朝鮮による核放棄合意履行の進捗状況次第と述べた。

 米国は、北朝鮮の核放棄プログラムの一環として、対北朝鮮制裁を伴うテロ支援国家指定について、解除する可能性を示唆していた。

 ただ、条件として米国の法的基準を満たすほか、核プログラムの完全な開示を含む核放棄への取り組みの順守が必要となる。

 調整官は、北朝鮮による1970─80年代の日本人拉致問題について、解除の障害とはならないようだとの認識を示した。
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPnTK808816020080123
北朝鮮がすぐにテロ指定国家を外れると言うことではないようだが、ちょっと心配なニュースではある。
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 22:11:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。