現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】ハンドボール予選騒動 どうせこうなるだろうと思ってました(爆)
ハンド問題、五輪招致に飛び火 日本が最も損をする?
2008.1.28 10:35

 異例のやり直しとなったハンドボールの北京五輪アジア予選をめぐる問題が、東京都の2016年夏季五輪招致に飛び火した。国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあるアジア・ハンドボール連盟(AHF)のアハマド会長が、再予選の東京開催を「悪例を残し、イメージを傷つける」と批判し、16年五輪開催地を決める来秋のIOC総会で東京を支持しない考えを示した。

 同会長はクウェート王族の1員で、アジア大会を統括するアジア・オリンピック評議会(OCA)会長も務める。中東をはじめアジアのスポーツ界に太いパイプを持つだけに、五輪招致への影響は無視できない。

 国際ハンドボール連盟(IHF)は「中東の笛」と呼ばれる疑惑判定を糾弾した日本と韓国の訴えを聞き入れ、予選のやり直しを決定した。しかし、傘下であるはずのAHFは手続きの不当性を盾に取り、対決姿勢を鮮明にする。アハマド会長はIHF寄りの日本を「違法な大会を支持する国を、今後どうして信用できるだろう」と攻撃した。

 やり直し予選に出場する日韓への処分を決めた27日のAHF臨時理事会では、韓国の理事は欠席し、日本協会会長の渡辺佳英AHF副会長が孤立無援の状態で反論した。居合わせたOCA幹部は「韓国は日本を矢面に立たせ、うまく立ち回った。これで北京五輪に出場できなければ、日本が最も損をすることになる」と指摘した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080128/oth0801281036002-n1.htm
韓国が味方になった時点で警戒すべきでしたね。日本ハンドボール協会の幹部はたまには偏見を棄ててこういうとこでも見て勉強すべき。だいたい、「冬ソナ」ブームなど親韓スタンスを取っている日本のマスゴミがハンドボールのようなマイナースポーツのトラブルを大々的に報道した時点で怪しかったですけどね。今更手遅れ。ご愁傷様でした。
スポンサーサイト


テーマ:ハンドボール - ジャンル:スポーツ

国際時事・特亜本部 | 00:44:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。