現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いわゆる「毒餃子」事件 日本が悪い!…にする気満々です
拙ブログ関連記事はこちら

上記でも紹介させていただいた『日々是チナヲチ』で丁寧に継続追跡されてられますので、詳しい経過はそちらを御覧頂くとして。
「日本が悪い!中国は悪いことしてない!」と中国政府が言い訳し始めました。こう言い出すだろうと予想してましたけど。
中国 人為的混入を示唆する日本の報道を否定 ギョーザ中毒事件
2008.2.13 21:35

 【北京=野口東秀】中国の国家品質監督検査検疫総局は13日、中国製ギョーザ中毒事件について北京で記者会見した。同総局の魏伝忠副総局長は、「工場内での生産過程で毒物を持ち込む可能性は低い。現段階では原材料から生産、運搬、輸出まで異常な点は発見していない」と述べ、人為的混入の可能性は低いとの見解を強調した。

 魏副総局長は冒頭、公安当局が「職場の待遇などに不満を持つ人間の犯行」との見方を強めている-などとした12日付の共同通信の記事を「推測に過ぎない」と事実上否定し、「推測(記事)などは社会に対する無責任な態度」と批判した。

 製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の工場に関して、人為的な破壊行為の可能性は低いと指摘。厳格な消毒などの規則があることをあげ、「包装の過程を含めてビデオ監視の中で作業しており(人為的な)異常はない」と強調した。

 一方で魏副総局長は、「調査が終了するまであらゆる可能性がある」とも述べ、将来への含みは残した。首席捜査官を含む6人の捜査官を公安省から派遣して従業員を聴取しているとし、調査は進行中であることを強調。「従業員の背景も含めて徹底的に調べている」と述べた。

 魏副総局長はまた、日中双方の捜査当局で事件解明に向けた共同調査チームをつくりたいとの希望も表明した。

 同総局の記者会見は、事件が表面化した1月31日以来2度目。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080213/crm0802132137031-n1.htm
念のため中国よりといわれる朝日新聞の記事も出しておく
中国当局、中国での混入を否定 ギョーザ事件

2008年02月13日21時35分

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件について、中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副総局長は13日記者会見を開き、「ギョーザの生産から輸出までの過程で人為的な破壊行為があった可能性はほぼない」と述べた。製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の全従業員から公安当局が事情聴取をするなどした結果、有機リン系農薬成分を人為的に混入させた形跡が見つかっていないことも明らかにし、中国側での混入の可能性を強く否定した。

 魏副総局長によると、同総局の李長江総局長らが12日、天洋食品を視察。生産記録や管理状況を調べ、衛生面に異状はなく、農薬成分を人為的に混入させた可能性がほとんどないことを確認した。工場側からは「対日輸出で成長した会社なので日本に好感を持っており、従業員の給与も低くない」と説明があった。

 さらに魏副総局長は、中国の調査団が訪日した際、日本生活協同組合連合会から、中毒が起きた商品と同じ昨年10月20日製のほか、同19日、6月3日、11月1日製の計10袋の提供を受けたと明らかにした。調べた結果、メタミドホスなどは検出されなかったという。

 魏副総局長は事件を解明するため、日本の厚生労働省などと共同調査チームをつくる考えを示し、近く日本側に打診することを表明。捜査面での協力でも「中国公安当局も今回の事件を極めて重視しており、日本の警察当局との協力に前向きだ」と述べた。

 ただ、日本で未開封の袋の内側から農薬成分が検出されたことについては「一般人でも開封したものを再び密封できる。少数の事例で断定すべきではない」と述べ、「中国で混入した証拠」とみる日本側に反論した。
http://www.asahi.com/national/update/0213/TKY200802130307.html
朝日新聞には気になる一文がある。太字で強調したが今回問題の餃子を販売した生協、サンプルを当事者の中国に引き渡したって、どういう事よ?中国政府と共同して証拠隠滅か?…生協が共産党よりの思想背景を持っているというのは有名だが、ここまで日本の消費者の健康より中国政府の体面を擁護するとは思いませんでした。生協以外のスーパー使う方が安全だよなぁ…でも、生協以外のスーパーって車使わないとたどりつけないような所にしかない(T-T)
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 00:35:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。