現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
映画監督 市川昆氏死去(92歳)
関連ニュース検索結果 こちら(google)
92歳で、最後の作品を90歳の時に撮られたというのですから、映画の名伯楽にふさわしい生涯だったと思います。ご冥福をお祈りします。

・・・ただ、最後の作品となった『犬神家の一族 2006年版(平成版)』は前作の犬神家に比べて、素人目から見ても駄作だったのが残念です。たぶん昭和より平成のほうが映像に関する規制が厳しくなったからでしょうかね、暴力シーンとか残虐シーンとか。その結果、犬神太兵衛の幼少期と女性関係のシーンが金田一耕助の台詞だけで流されると言うことになり、話がなんだか分かりにくい物になってしまいました。「もう少し長生きして、もうちょっとちゃんとした映画を作りたい」という台詞を言ってられたところからも、ご本人もこれは分かってられたような気がします。

幸運なことに数年前からCSに加入し、多数市川昆作品を見る機会に恵まれました。逆に「追悼特集」と言っても「通常編成と一緒じゃん」としか思えないのがなんですが(^^;)
多作な監督でしたので、これが代表作というのを挙げるのは難しいですが、個人的には横溝正史に興味を持つきっかけになった『金田一シリーズ』を挙げておきます。マイナーな作品ですが『日本橋』も得意の文芸作品でなかなか良かったです。
スポンサーサイト


テーマ:死亡記事 - ジャンル:ニュース

ワイドショー | 01:12:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。