現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】オーストラリア 政府も国民も「テロリスト」シーシェパードを全面支援
「調査捕鯨の妨害続ける」 米環境保護団体のシー・シェパード
2008.2.14 23:25

 南極海で1月、日本の調査捕鯨船にメンバー2人が侵入し、一時拘束された米環境保護団体シー・シェパードの船が14日、再び南極海へ向けオーストラリア南部メルボルンを出港した。給油などのため一時港に戻っていたが、今後も調査捕鯨終了時まで「妨害を続ける」としている。

 日本政府はオーストラリア政府に法的措置を求めているが、シー・シェパードのワトソン船長が共同通信に語ったところによると、メンバーは誰もオーストラリア連邦警察から事情聴取されていない。一時拘束された2人のうち、オーストラリア人男性は今回も乗船しているという。

 連邦警察は14日、捜査は「予備的な調査の段階」と述べるにとどめた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080214/asi0802142325006-n1.htm

反捕鯨団体シーシェパード、日本船追跡再開へ

* 2008年02月14日 21:19 発信地:シドニー/オーストラリア


【2月14日 AFP】南極海で日本の調査捕鯨船団に対する妨害を展開してきた米環境保護団体「シーシェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」は14日、燃料補給のために一時休止していた活動を再開すると発表した。

 環境保護活動家、故スティーブ・アーウィン(Steve Irwin)さんの名前を冠した同団体の船「スティーブ・アーウィン号」は日本の捕鯨船に対する追跡活動を数週間続けた後、現在は12日間、オーストラリアのメルボルン(Melbourne)の港へ燃料などの補給のため停泊している。
 
 シーシェパードのリーダー、ポール・ワトソン(Paul Watson)船長は同グループのウェブサイト上に「オーストラリアのみなさんのおかげで、クジラたちへのバレンタインデーの贈り物としてスティーブ・アーウィン号は海に帰れる」とメッセージを発表した。

 同メッセージによると停泊している間に、団体の活動を支えようと寄付金や食料、生活必需品などで「船の甲板が一杯になった」という。同船は14日夜に南極海へ再び向かい、捕鯨シーズンが終わるまでの4-5週間、日本船に捕鯨活動をさせないため「嫌がらせや干渉」を行うとしている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2350794/2641506
だそうです。

オーストラリア在住の日本人の皆様、身辺には重々ご注意を。
旅行を予定されている方は即刻中止を。
スポンサーサイト


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

国際問題(特亜以外) | 00:42:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。