現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【ガンダム】富野監督、おかきの播磨屋並の怪電波を発信?
いや、以前から宗教がかった人とは思ってましたが。
アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズ総監督の富野由悠季さん…人類の革新 ニュータイプが地球を滅亡から救う
ガンダムに登場するモビルスーツ・ザクを前にした富野さん。若い世代への期待をもっている

 日本のアニメの名作として、1979年の第1作放送から現在もシリーズが続いているのが「機動戦士ガンダム」。その原作者が、数々のガンダムシリーズで総監督をつとめた富野由悠季(よしゆき)さん(66)だ。その富野さんは今、アニメで描かれたレベルをはるかに超えた地球環境の破壊を心配している。人間が発想を転換し、地球と共生する新たな方法論を持った「ニュータイプ」として目覚めることを願っている。

 地球温暖化と異常気象のひん発、世界に広がるテロや核、悪化するエネルギー事情…。富野さんの目には、28年前に「ガンダム」で描いた近未来の世界よりも、現実の世界の方がはるかに悪い状況に映っている。「(ガンダムの放映から)30年近くがたち、人口増や環境汚染をリアリズムとして認識せざるを得ない。人類は、20世紀初頭からたった100年で、それまでの数千年で消費してきた何倍もの物質を消費している。もう巻き戻しのきかないところまで来た」

 「ガンダム」の冒頭では「人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、すでに半世紀。地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった…」というナレーションが入る。地球と月の間にスペースコロニーが設けられている設定だが、富野氏は「コロニーが実際にできる可能性は絶対ない」とあえて自ら作った設定を否定。「コロニーは地球と同じ重力を作るために自転しているが、そのためにはぼう大なエネルギーを消費する。地球にそんな必要はない。あと数億年は自ら回っているわけだから」

 現在、人間自ら地球を滅ぼしかねないところまで来た。地球温暖化対策のための京都議定書も米国などの超大国が産業、経済論的な理由で参加せず、CO2対策も進まない。富野さんは地球の現状に絶望感すら覚えていたそうだが、雑誌の対談で、もともとガンダムを知らない環境ジャーナリストから「今の地球の状況は、人類がニュータイプになるための試練」と言われ、考えを改めた。「われわれの世代にない新しい常識を持てる世代がいれば、それほど絶望するものではないと思った」ガンダムのストーリー中に出てくる「革新的な人類」の総称である「ニュータイプ」という言葉が、一般の人からごく自然に出てきたことに感動した。

 富野さんによると、〈1〉資源を消費するだけの段階〈2〉消費は美徳ではないことを知り、新たな常識を生む段階〈3〉その後の新世代による新たな常識と地球再生の技術論の確立、という3段階を経て「革新的な人類=ニュータイプ」が出現する。今の人間は〈1〉から〈2〉への過渡期。そして新しい常識が確立すれば、ニュータイプである次世代が人類を〈3〉へ導いてくれる。「新たな常識を持った世代なら、今の科学技術で解決できないことを考えついてくれるかも知れない。砂漠で太陽光発電をしたり、人工衛星の軌道に太陽パネルを作ることだって不可能じゃない。ライト兄弟(の飛行機)からスペースシャトルまでたった100年で到達した。旧世代のわれわれには、次の世代をそういう方向へ導いていかなければならない責任がある」

 そのために、日本人には何ができるのか。「東西の文化を、これだけミックスした土地はほかにない。どの文化や宗教にも偏らないメンタリティーを作れる可能性があり、人類の水先案内人になれる可能性がある。胸を張って世界に出ていっていい」日本人はニュータイプの素質を持っており、地球環境を再生する切り札的な存在になれると断言した。

 第1作以降もガンダムは次々と続編や外伝が作られ、そのたびに様々な歴史設定が付け加えられて壮大な「スペースオペラ」になった。しかし、05年の「Zガンダム」劇場版3部作を除き、ここ数年の作品は富野さんの手を離れている。しかし、シリーズは今も続行中。第1作の時には生まれていなかったような若い世代もガンダムを支えている。「ガンダムワールドの一員となり、かかわれたことで、これだけリアルな手ごたえを感じられる。いい時代だったと思う」新たなガンダム世代が地球環境を守り、再生させる。日本を代表するロボットアニメの生みの親は、そう信じている。
(以下省略)
http://hochi.yomiuri.co.jp/special/nipponjin/news/20080303-OHT1T00195.htm
最初の方の懸念とか心配はその通りだと思うのですが、
途中から付いていけません
なんかこの論調どこかで見たような気がするなと思えば
おかきの播磨屋助次郎のパンフレットに書いてある「店主の一言」と似たような・・・(^^;)
※おかきの播磨屋、「春のお伺い」到着しましたが、読んだ途端に脱力したので、中身は上記のリンクをご覧下さいヾ(^^;)
スポンサーサイト


テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

ぁゃιぃ文化人 | 23:14:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。