現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小ネタ1 月光仮面とあの有名な歌(苦笑)の父・川内康範氏死去
2008/04/07-19:55 川内康範さん死去=「月光仮面」の原作、ヒット曲の作詞など
 人気テレビドラマ「月光仮面」の原作者で、「おふくろさん」などの歌謡曲の作詞、映画の脚本、監督、政治評論と、多彩な活動で知られた作家の川内康範(かわうち・こうはん)さんが6日、死去した。88歳だった。北海道函館市出身。葬儀の日程、喪主などは未定。
 映画のシナリオライターを目指して上京、1938年に日活に入り、東宝に移った。小説の執筆も始め、「生きる葦」「骨まで愛して」などを発表。自作ドラマの主題歌の作詞も手掛け、60年の「誰よりも君を愛す」は大ヒットし、日本レコード大賞を受賞した。
 作詞家としての代表作に「君こそわが命」「伊勢佐木町ブルース」など。映画脚本には「南国土佐を後にして」「東京流れ者」などがある。また「月光仮面」「愛の戦士レインボーマン」といった特撮テレビドラマに原作を提供したほか、アニメ「まんが日本昔ばなし」の監修も担当した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008040700766
ご冥福をお祈りします
にしても多才な方だったんですねぇ。私は「『まんが日本昔ばなし』の監修をしていた」というのに驚きました。確かにオープニングに「川内○○」という名前があったのはうっすらと覚えていますが。もうちょっと年な方ヾ(^^;)は『月光仮面』でお世話になった人が多いかと。その他多数のヒット演歌の作詞ですね。
ゆりかごから墓場ならぬお子ちゃまからおっちゃんまでをカバーした人だったようでヾ(--;)

しかし、近年川内氏の名前を知ったのはこの事件がきっかけでという若い人が多いかも。
川内氏が激怒「おふくろさん騒動」てん末

 歌手森進一に対して作詞家川内康範氏が「おふくろさん」を歌わないようにした、いわゆる「おふくろさん」騒動は、曲にバース(曲頭のセリフ)のあることを了承していない川内氏が「もう歌わせない」としたもの。

 森は05年と06年のNHK紅白歌合戦で「おふくろさん」を歌った。曲の冒頭で「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした 今ではできないことだけど しかってほしいよ もう1度」と情緒たっぷりに語りかけた。川内氏は、このセリフを付け加えたことを「了解していない」と主張。

 森にすればバースは30年以上も前に出来上がっていたことから「なぜ、今になって…」という思いがあった。川内氏によると“改作”を知ったのは約10年前だが、紅白の歌唱をきっかけに「了解がない」と抗議した。

 ◆おふくろさん騒動の経緯◆

 ▼07年2月20日 05年と06年の紅白で、森進一が曲の冒頭にセリフを入れて歌い、川内康範氏が「了解していない」と激怒していることが明らかになる。

 ▼同21日 森が会見し「お会いして自分の気持ちを伝えたい」と謝意を表明。川内氏のスタッフには電話でスケジュール調整依頼。

 ▼同23日 森が、川内氏滞在のホテルへ出向くも、門前払いで会えず。

 ▼同27日 森は青森の川内氏の自宅へ足を運ぶが、不在。すでに川内氏は東京へ向かっていた。八戸市内のビジネスホテルに宿泊。

 ▼同28日 川内氏の上京を知らない森が再度、自宅を訪ねる。玄関に手土産(ようかん)と手紙を置き、帰京した。

 ▼3月1日 川内氏は森が自宅に届けたようかんを送り返し、スタッフを通じ「(森と)今後も会うつもりはない」と、生涯絶縁を宣告した。

 ▼同11日 森が福岡・嘉穂劇場で「おふくろさん騒動」後、初めてのコンサートを行い、川内作品を「しばらく封印します」と宣言。ファンからの「頑張って!」との温かい声援を受け、何度も涙を流した。

 [2008年4月7日18時57分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080407-345443.html
この時ワイドショーを見て「川内っておっかないジジイ」(ヲイ)と思った人は少なからずいると思われるが、実はどの報道でも報じていないこういう一面を持った人であった
海外抑留日本人の帰国運動や戦没者の遺骨引き上げ運動を早くから行った活動家であった。この活動を通じて政財界との関わりを持ち、福田赳夫の秘書を務め鈴木善幸元首相、竹下登元首相のブレーンでもあった。晩年は国民新党顧問を務めていた。

政治思想的には「民族派」に近いとされていたが一方で日蓮宗の寺に生まれた仏教徒であり、マハトマ・ガンディーの無抵抗主義を高く評価し日本国憲法第9条は護持すべきとしていた。人脈は右派にとどまらず、アナーキストのルポライター竹中労とも親交があった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%86%85%E5%BA%B7%E7%AF%84
そりゃ森進一はこんなの相手にしたら勝てませんわ。
スポンサーサイト


テーマ:死亡記事 - ジャンル:ニュース

ワイドショー | 23:04:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。