現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北京五輪の聖火リレー長野の部に疑惑の人物?登場
【総合】長野市に問い合わせ殺到 聖火リレーコース変更?「対応ムリ」 2008年4月10日
(略)
 公募で聖火ランナーに選ばれた市民の一人、長野市の山岸重治さん(76)は「チベットの人の主張も分かる。でも非暴力は徹底してほしい」と訴える。10年前の長野五輪でも聖火ランナーとしてトーチを持った。80人の走者の中で最年長。国際ルートの中止やコース見直しも取りざたされているが「生涯のハイライトだと思っている。(中止になったら)気持ちの整理がつかない」と話した。
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/olympic/general/list/200804/CK2008041002002643.html
この「山岸重治」氏は
山岸重治さん(最年長聖火ランナー)

山岸重治さん(最年長76歳)

長野市で開催される北京オリンピック聖火リレー走者の最年長として選ばれたことは大変名誉であります。私は少年時代を中国で過ごしました。その中国がオリンピックを開催する国に成長を遂げたことに敬意を表し、心から成功を祈っています。若い頃から陸上選手だったので、私にとって生涯走り続けることは大事な生き方のひとつです。第二の故郷とも言うべき中国に思いを馳せ、無事に役目が果たせるよう懸命に走りたいと思います。
http://www.joc.or.jp/beijing/torchrelay/comment.html
と同一人物なのは確実であろう。

ところで
同名でほぼ同年齢とおぼしき人物がこういう本を上梓しているようだ 
他に同名の筆者がこういう本も出している
タテハ蝶―山岸重治詩集 (1970年) [古書] (-)
-: 62ページ
出版社: 国鉄詩人連盟 (1970)

ほか、自費出版のためかアマゾンではヒットしなかったが、他にも何冊かの詩集を出しているようで、それに関してはこちらのサイトが詳しい。
一部、後述の参考になる箇所があるので抜粋する。
 昨日(10月20日)山岸重治さんが突然やってきた。「私が誰だかわかりますか?」と言われたが、判らない。どこかでお会いした事はわかるのだが、それ以上の記憶はなかった。「申し訳ないが忘れました」と言うと「『まなぶ』の集会でお会いした山岸です」と言われはっと思い出した。

 先々月長野で『まなぶ』という雑誌関係のひとが全国集会を開いた。上野誠がその雑誌の表紙を描いていた関係で、編集者から私に案内状が届いた。当日交流会に出席したところ、スピーチをする事になり、上野誠と『まなぶ』について話した。その時私の隣に座っていたのが山岸重治さんである。

 山岸さんは元国労の活動家で現在は退職して文筆活動そしている。そこで聞いた彼の人生は波乱万丈で私の想像を絶していた。

         山岸さん 略  歴
1931年 上水内郡神郷村(長野市豊野町)に生まれる
1941年 旧満州国(中国東北地区)へ移住
1944年 陸軍燃料廠研修生として入隊(13歳)
      敗戦後はソ連軍、八路軍、国民党軍の管理下におかれる
1947年 国鉄・長野工機部技能者養成所入所
1987年 国鉄民有化の伴い国鉄退職
 現在   自由業、国鉄詩人連盟会員

 山岸さんは私に一冊の詩集をプレゼントしてくれた。それが「眠れぬ夜のひとりごと」である。
※太字は当方による補足

「眠れぬ夜の独り言」に出てくる山岸氏の経歴と「関東軍」、「国鉄」、そして「詩」というのが一致する。この3冊の本の著者は同一人物で確定であろう。

ところで、上記の経歴で気になる箇所がある。再度引用。
敗戦後はソ連軍、八路軍、国民党軍の管理下におかれる

戦後、中国で収容生活を送った元日本軍兵士のその後については「中帰連」の活動が有名だが、山岸氏もそのメンバーの一人の可能性がないとは言えない。残念ながらネットで調べた限りではそのつながりは未詳であったが。


ところで、「山岸重治」氏はこういう活動もしている
長野市日中友好協会だより 

国交正常化35周年・第29回長野市日中友好協会定期総会開催
(中略)
 第2部記念講演では、詩人「群れの会」代表の山岸重治氏が「私と日中友好活動」と題して話をしました。
http://www.avis.ne.jp/~nihao/naganosi-nittyu.htm

うーむ、「中国大好き元国労の詩人・山岸重治」と「最高齢聖火ランナー・山岸重治」はどうも同一人物の可能性が限りなく高いようだ。
ところで巻頭に挙げた記事に寄れば、「公募で選ばれた」とあるが、
それ本当か?公募の時に中国補正が入ってないか?(爆)

拙ブログ関連ネタ
北京オリンピック聖火リレーの長野出開帳に中国人留学生動員令?
731部隊の新証言?証言者怪しすぎる
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 12:41:48 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
まさかまさかの
ただの公募で選ばれた高齢者、という意識しか持ってませんでした.。
まだまだ警戒不足でした、非常に参考になります。
2008-04-13 日 03:31:57 | URL | 1or8 [編集]
コメントありがとうございます
コメントありがとうございました。

肝心のリレーは大混乱の中終わりましたけど、この人がどういう走りっぷりをしたのかがネットではつかめないのが残念です。
2008-05-10 土 20:56:36 | URL | ばんない [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。