現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】四川大地震 二転三転の自衛隊機派遣
中国が自衛隊機派遣を要請 四川大地震で
2008.5.28 13:26

 中国・四川大地震で中国政府が27日、日本政府に対し自衛隊機の派遣を要請してきたことが28日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。関係者によると、中国側は現地への支援物資をこ「被災地に飛行機で運んでほしい。その際には自衛隊機でも構わない」と要請してきているという。

 この要請について防衛省側は「人道上の話なので意義がある。ただ、省としての判断はついていない」として慎重に検討している。

 日本政府はこれまでに被災者の救援活動を行うため国際緊急援助隊のチーム60人を派遣している。

 自衛隊機が中国に派遣されるのは戦後初めてのケースになるだけに政府としては現地住民の旧日本軍への感情も考慮して慎重に検討しているとみられる。

 同地震では米空軍の輸送機2機が人道支援物資を送るため18日に成都に到着している。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080528/plc0805281742014-n1.htm
四川大地震:中国、空自機派遣を打診

 中国政府が四川大地震の復興支援で、救援物資を輸送するため航空自衛隊の航空機が派遣できないか、日本政府に打診していることが28日、分かった。中国が災害時に自衛隊の協力を求めるのは極めて異例だ。

 防衛省では、航空自衛隊の輸送機などの派遣の検討に入った。
http://mainichi.jp/select/world/chinaquake/news/20080528k0000e030071000c.html
結局中止になったようですけど。
2008/05/30-20:59 国内世論見極め、見送り判断=自衛隊機に拒否反応か-中国
 【北京30日時事】宮本雄二駐中国大使は30日の記者会見で、四川大地震の被災者支援のための自衛隊機派遣が見送られたことについて、「中国側から国内状況の説明があった」と述べ、中国政府がインターネットを含めた国内世論を慎重に見極めた末、今回は受け入れられないとの立場を日本側に伝えてきたことを明らかにした。
 自衛隊機の活用は初期の段階から「一つのアイデア」としており、中国側から前向きな発言もあったという。しかし、中国国内では自衛隊機乗り入れに拒否反応が強いとみられ、政府はネット世論も踏まえて最終的判断を下した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2008053001061

これに関する各マスコミの報道ぶりがなかなか味わい深い。時事通信は先に出したので、次に産経新聞を。
自衛隊機受け入れはマイナス効果と判断 中国、日本の報道に困惑
2008.5.30 12:10

 【北京=野口東秀】中国・四川大地震の被災者支援として、日本政府が準備を進めてきた自衛隊機の派遣が“幻”となった。日本が自主的に見送るとの形こそとったが、中国側が「日本の報道の過熱ぶりに困惑」(外交筋)し、自衛隊機の派遣に難色を示した結果ともいえよう。

 中国側が27日に自衛隊派遣を含めて支援を要請したのは、被災地のテント不足という問題とともに、中国重視の福田康夫政権下で、国際社会に対し協調姿勢を示すだけでなく、日中関係をさらに強化したいとの意向があったためだ。「対日感情を更に好転させる機会」(対日研究者)との期待もあった。

 しかし、中国側は「自衛隊機派遣に関する日本の報道の扱いの大きさにとまどった」(外交筋)という。インターネット上で、自衛隊機派遣に対する拒否姿勢と批判が目立ち始め、「関係が改善方向に向かっている日中双方がともにリスクを背負う結果となりかねない。プラス面もあるが、胡錦濤政権への批判にもつながりかねない」(外交筋)と判断したとみられる。

 外務省の秦剛報道官は29日、定例記者会見で「中国政府は、世界の国と軍隊がわれわれに救援物資を提供してくれることを歓迎する」との原則論は示したが、自衛隊機派遣について、「まだ両国間の防衛関係部門の具体的な協議が必要だ」と述べた。すでにこの時点で、日本側に難色を示していたようだ。

 日本の外交筋によると、中国側は27日、「自衛隊機も含めて支援のプランを出してほしい」と打診した。他国の軍用機利用はいいが、「日本だけは民間機で」と言えなかったとの見方もあるが、中国筋によると、胡指導部は、自衛隊機派遣での政治的効果をも期待したようだ
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080530/chn0805301211006-n1.htm
ところが毎日新聞では産経とは勿論、時事とも内容は勿論、受ける印象が随分異なる。毎日新聞的には、今回の話は日本政府が勝手にやったことと断定、日本政府が一方的に悪いらしい。
四川大地震:自衛隊機派遣見送り 「成果」焦った?日本

 政府が中国・四川大地震の被災地への自衛隊機派遣を見送った背景には、中国側の「要請」をめぐるボタンの掛け違いがあった。その中で、政府内には歴史的な外交成果を狙う焦りも存在し、それが「自衛隊派遣」の独り歩きを招いた側面もありそうだ。

 「昨日、北京の日本大使館に中国政府から要請がありました」

 中国からテントや毛布などの物資の輸送のための自衛隊派遣を要請されたと発表したのは28日午後の町村信孝官房長官の会見。町村氏は「輸送手段について自衛隊によるものを含めて要請があった」と説明した。

 ところが、ある政府関係者は「要請したのは中国軍の少佐」と明かす。少佐は防衛省だと3佐に相当し、陸海空幕僚監部の課長にも満たないレベル。初の自衛隊派遣という歴史的な局面で、課長にも満たない軍人が要請してきたことになる。

 「少佐と聞いた時、この話は大丈夫なのかと感じた」と政府関係者。首相周辺も「中国政府が意思決定したものでも、権威あるものでもなかった。その意味では最初から自衛隊派遣の要請はなかったとも言える」と語る。

 つまり、単なる打診だった可能性があるのだが、中国軍の一部による一つのアイデアは日本政府に伝わる過程で要請に姿を変えていったようだ。

 そのころ、米軍はC17輸送機でハワイから支援物資を四川省・成都まで空輸し、中国軍関係者の出迎えを受けていた。「米軍も受け入れているわけで、過去の経緯からあまり自衛隊を特別扱いしすぎる必要はない」(外務省幹部)との楽観論が広がり、大々的に報道されたこともあって政府はどんどん前のめりになっていった。

 政府関係者は「中国から求められた」と口をそろえたが、実際には日本側が持ち出していた。12日の地震発生の直後、政府は(1)資金援助(2)物資援助(3)緊急援助隊の派遣(4)医療チームの派遣--の4提案とともに「自衛隊の派遣を要請してはどうか」と提案した。

 検討されたC130輸送機での支援内容は、数千万人規模という被害に比べ、テントや毛布の量がかなり限定的。外務、防衛両省には「実現すれば日中関係にとって画期的で、関係改善の象徴的出来事になる」と色めく幹部がいた。自衛隊派遣案がもともと人道支援ではなく、政治的意味合いから出発していたわけで、政府関係者からは「最終的に見送られたのは必然」との声も聞かれる。【古本陽荘】

毎日新聞 2008年5月30日 23時36分(最終更新 5月31日 0時40分)
http://mainichi.jp/select/world/chinaquake/archive/news/2008/05/30/20080531k0000m030147000c.html


…さてどっちが真実を報じているのかな?(・∀・)
NHKBSニュースなどで報じられた中国外務省の会見を見ていた限りでは、建前論かも知れませんが上記産経新聞の報道通り「中国政府は、世界の国と軍隊がわれわれに救援物資を提供してくれることを歓迎する」と言っているわけで…毎日新聞の記事との整合性がアレなんですが(苦笑)

結論 毎日新聞の取材したらしい「政府関係者」って誰やねん(爆) まさかエロ拓
スポンサーサイト


テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 15:45:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。