現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大阪ローカルでバラエティ荒らし!元大阪府知事・太田房江って何様?
橋下知事と大阪府の2職員組合 人件費削減交渉いずれも決裂

給与削減を巡り組合側と徹夜で交渉した橋下・大阪府知事(手前左から2人目)=21日〔共同〕

 大阪府の橋下徹知事が打ち出した府職員の人件費削減案を巡り、20日夜から始まった知事と労働組合2団体との交渉は21日も続き、計十一時間の交渉の末、いずれも決裂した。連合系の大阪府労働組合連合会(府労連)とは7時間激論、1950年の府労連結成以来初めての労使交渉の決裂となった。

 20日午後10時ごろから始まった府労連との交渉で、知事側は通勤手当など約800万円分の削減撤回を提案。しかし人件費削減案自体の撤回を求めていた府労連は「誠実な交渉は感謝するが、決裂と表明せざるを得ない」と強硬姿勢を崩さず、ほとんど休みなく続いた交渉は21日午前5時過ぎに決裂した。

 午前6時半から始まった全労連系の大阪府関連労働組合連合会(府労組連)との交渉は、府立高校の非常勤職員の契約打ち切りなどを巡って紛糾。非常勤職員らが「私たちは働きたいだけ。(重点政策に盛り込んだ)イルミネーションよりも優先順位が低いのか」などと口々に抗議の声を上げた。(15:45)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20080621AS3K2100A21062008.html
関連ニュース検索結果こちら

ところで
負の遺産を橋下知事に残した「戦犯」の一人といってもいいだろう
 前大阪府知事・太田房江
知事在任中に残した印象ある「功績」と言えば、大阪場所で土俵に上がって優勝力士にトロフィー贈呈しようとして大相撲協会ともめたということぐらい。
この人、どう見てもマスコミ受けする顔じゃないしヾ(^^;)、トークもいまいちだよねぇ
 と思っていたのだが
引退後、何か引く手あまたで
テレビ番組に出演しまくっているのである。
今週の全国放送だけでも5番組
太田房江2008年6月第4週TV出演一覧
http://tv.nilenile.net/detail/11642.html
今日はたまたまテレビ大阪見てたら、たむらけんじと一緒にメロンパンクってバカ騒ぎしておられる。テレビ大阪「ガツン!」公式HP表紙2008年6月22日


ルックスもいまいち、トークも大したことがないヾ(--;)この元知事をどうしてマスコミはちやほやするのか?
その理由はここに求められるのではないかと、私は考えている。
「ワッハ上方」縮小、知事に再考要請 放送局側NPO

2008年6月20日21時34分

 上方演芸資料館(ワッハ上方、大阪市中央区)の運営団体で、在阪放送局でつくるNPO法人「ニューウエーブ大阪」(理事長・西村嘉郎朝日放送社長)は20日、同館の縮小移転案に対し、改めて再考を訴える文書を大阪府の橋下徹知事あてに提出した。

 これまでも現地での存続を求める要望書などを提出してきたが、移転先や資料の活用法について具体的な説明はないままという。「府民から貴重な資料を委ねられている責任もあり、このままでは府の方針は受け入れられない」と西村理事長は語った。

 同館には演芸関係資料として昭和20年代からのラジオ音声やテレビ映像など約2700点が在阪局から提供され、約5万7千点の資料が府民たちから寄せられている。
http://www.asahi.com/culture/update/0620/OSK200806200127.html
吉本興業社長、橋下知事に「ワッハ上方ミナミに残して」

2008年5月29日11時59分

 吉本興業の吉野伊佐男社長が29日、大阪府の橋下徹知事を府庁に訪ね、府改革プロジェクトチームが移転・縮小方針を示した大阪・ミナミの上方演芸資料館(ワッハ上方)の存続を要請した。

 同館は吉本興業の所有ビルに入居し、府は年間約2億8千万円の賃料を払っている。吉野社長は「笑いという伝統文化を恒久的に継承したいという趣旨に共感し、府の強い要請もあって建設した。ぜひともあの場所で存続を」と話し、「条件も含めて再度提案させてほしい」と値下げも示唆した。

 橋下知事は「私も吉本興業さんにはテレビでお世話になった」としつつ、「財政状況に左右されない(施設の)残し方を考える時期にきている」と話した。
http://www.asahi.com/politics/update/0529/OSK200805290034.html
この「ワッハ上方」(正式名「大阪府立上方演芸資料館」)という博物館、府立の施設であるにもかかわらず、幹部には在阪TV局の元幹部などの名前がずらり
大阪府から委託されている現在の業者は「ニューウエーブ日東大阪」で、理事長は西村嘉郎朝日放送社長。館長は伊東雄三で、毎日放送の現役職員・プロデューサーであり、毎日放送からの出向。前館長である有川寛は元読売テレビの演芸プロデューサーを務めていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E7%AB%8B%E4%B8%8A%E6%96%B9%E6%BC%94%E8%8A%B8%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8
つまり、ワッハ上方は関西マスコミの利権の温床になっているところなのである。
そして、先述の記事で橋下知事に陳情に行った吉本興業は在阪局に多数の所属タレントを売り込んでいる関係。
つまり私企業である在阪テレビ局とそれとズブズブの関係にある吉本興業がタッグを組んで、自らの利権を意地でも確保しようと圧力をかけているという次第。

その圧力の一環が、結果として橋下知事の登場で追われるような立場になった元知事・太田房江をヨイショする今のマスコミの番組づくりに現れていると考えるのだが。東京キー局の番組にも多く出演しているのも在阪系列局の利権を支援する姿勢を示しているとしか思えず、利権に対する飽くなき執念の現れと考えるのが妥当でしょう。

…ホントに日本のマスゴミって腐ってるよ。
スポンサーサイト


テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

日本の世界のマスゴミ様江 | 18:30:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。