現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【mainichi】「hentai」騒動後の毎日新聞様(メモ)【waiwai】
毎日新聞が本誌に厳重抗議、「毎日jp」の閉鎖報道は事実無根と反論
【Technobahn 2008/8/13 18:41】毎日新聞は13日、本誌12日付け記事「毎日新聞、反発を受けてオンライン版『毎日jp』の閉鎖を検討」と題した記事に関して抗議と訂正を求める書簡をテクノバーンに送付した。

 書簡の中で毎日新聞は「『毎日jp』を閉鎖する予定もなければ、閉鎖を検討した事実もありません。『毎日新聞の営業関係者』が誰を指すかは不明ですが、社内で取材の応じた者はおらず、事実無根の記事で、業務に多大な支障が出ています。記事掲載にあたり、取材もありませんでした。(中略)繰り返しになりますが、昨日以来、事実無根のこの報道のために振り回され、業務に支障がでています」と述べて、「毎日jp」の閉鎖報道を真っ向から否定した。

 テクノバーンは前日12日付けで「毎日新聞がオンライン版毎日新聞となる『毎日jp』の閉鎖を検討していることが12日、関係者の証言により明らかとなった」と報じていた。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200808131841
何だ、「毎日.jp」閉鎖しないのか。
ところで、某掲示板の情報によると、実はこの記事には削除された続きがあり、それは
毎日新聞による抗議文は弊社、テクノバーン宛てにファックスで(タイムスタンプは8月13日16:00)で送信されてきたものとなります。
しかし、実際には抗議文は毎日新聞社側のミスにより弊社とは関係のない他社宛て送信、この他社のご好意により弊社宛に
再送されてきまものとなります。毎日新聞社側のミスとはいえ、ファックスの取次ぎをしていただいた他社におかれましては
ご迷惑をおかけいたしましたことをここに謹んでお詫びいたします。

というものだったらしいのだが…もしこの削除された文が事実だとしたら、毎日新聞、かなり恥ずかしい…。


毎日変態ニュースを擁護する人権活動家の大学准教授/ニュースウォッチ
この「大学准教授」というのは
小樽銭湯騒動や『ちびくろさんぼ』絶版騒動で有名な有道出人氏のことです。
まあこの擁護で、「変態外人」ライアン・コネルは自分のお仲間と白状されたも同然ですな。
有道氏は一応今帰化して国籍は日本人のようですが、変態、いや「変(な外)人」なのは前から有名でしたからね。
ちなみに、帰化理由だった「日本人の奥さん」ですが、今は離婚して、更に訳の分からない裁判まで起こされているご様子。参考こちら
「私、頭も中身もいけてるのに、私の魅力が分かる男が日本人にはいないのよねー」
…とご高説をのたまう日本女性に限って、欧米系男性に引っかかる人が多い傾向が見受けられます
が、この青木女史もそういう一人だったのでしょう。そして、有道の日本国籍取得の踏み台にされたわけだ(想像)。



ブリヂストンと毎日新聞、電子ペーパーによるニュース配信を実証実験
2008年8月19日

ブリヂストンと毎日新聞社は、東京都交通局の協力を得て8月19日から都営地下鉄浅草線・新橋駅と都営地下鉄新宿線・新宿三丁目駅構内で、電子ペーパーを使ったニュースと広告掲示を行うデジタルサイネージの実証試験を行うと発表した。

デジタルサイネージとは、屋外や店頭などに設置した電子ディスプレイに、ネットワーク技術を使って情報をタイムリーに表示する新しいメディア。今回の実証試験ではブリヂストンが開発したカラーとモノクロのA3サイズの電子ペーパーを使用する。

ブリヂストンの電子ペーパーは、視認性が高く、視野角が広いのが特徴。電源を切っても表示を維持することができるため、今後紙にかわって普及することで、森林保全(紙資源の保護)や地球温暖化防止(省電力)に貢献できると、している。

今回の実証試験では、写真付きのニュース速報や毎日新聞の朝刊・夕刊の1面の一部を配信するほか、毎日新聞の定期刊行物の広告や主催事業の告知なども行う。また、北京オリンピック開催期間中は、速報の特集記事も配信する予定。

実証試験は2009年3月末までの予定で、新たな情報媒体としての可能性を追求する。
http://response.jp/issue/2008/0819/article112710_1.html
ちょっとブリジストンは消費者の目を気にしなさすぎ。
スポンサーサイト


テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:03:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。