現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まだまだ続くよ 民主党政権の贔屓人事
国交省審議会の“自民寄り”委員を更迭 後任には「親民主」がズラリ
2010.2.26 01:30

 国土交通相の諮問機関「社会資本整備審議会」の28人の委員のうち、「自民党寄り」と言われる有識者12人が一斉に辞任することが25日、分かった。国交省政務三役による事実上の更迭で、後任には行政刷新会議にかかわった学者など「民主党寄り」とみられる有識者ら10人を充てる。審議会の半数近いメンバーが一挙に入れ替わるのは異例だ。

 辞任するのは、審議会の会長でトヨタ自動車会長の張富士夫氏、東大名誉教授の虫明功臣(むしあけ・かつみ)氏、三井不動産社長の岩沙弘道氏、旧国土事務次官の三井康寿氏ら。

 張氏は前原誠司国交相が廃止を打ち出した高速道路の建設区間を決める「国土開発幹線自動車道建設会議」委員を務めていた。虫明氏は昨年発表した論文で八ツ場(やんば)ダム建設中止を批判。岩沙氏は自民党を支持してきた不動産協会の理事長で、三井氏は国交省の「天下りポスト」とされる住宅金融支援機構の前副理事長だ。

 後任は「西松事件」に関する民主党の有識者会議座長を務めた政策研究大学院大学教授の飯尾潤氏、行政刷新会議ワーキンググループ(WG)のメンバーで早大大学院教授の川本裕子氏、一橋大学大学院教授の辻琢也氏ら。経済評論家の勝間和代氏の起用も決まった。

 国交省政務三役は昨年12月、政権交代などを理由に張氏ら一部の委員に辞任を迫っていた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100226/stt1002260130000-n1.htm
話変わりますけど「カツマー」こと勝間和代氏大もてですな。今の内に荒稼ぎするんだぞー(棒読み)

拙ブログ関連ネタ こちら

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 22:59:49 | Trackback(0) | Comments(0)
【外国人不法滞在】また千葉法相がやらかしました
ページ更新時間:2010年2月24日(水) 16時00分
退去処分イラン人一家に在留特別許可

 不法滞在で国外退去を命じられながらも、生まれ育った日本で暮らしたいと訴えていた14歳のイラン人少女の一家に対し、東京入国管理局は24日、在留特別許可を認めました。去年出された新しいガイドラインに基づく判断とみられます。
 「(許可を聞いた時は)えっ?みたいな、信じられなくて。高校に行ったら、とりあえず楽しんで勉強を頑張っていきたいです」(ジャファニア・メリカさん)
 千葉県東金市に住む中学2年のジャファニア・メリカさんの両親は、91年にイランから観光ビザで来日。その後も不法滞在を続けていました。
 一家には3年前に国外退去処分が出されていましたが、日本で生まれたメリカさんと弟が日本語しかわからないことや、母親が病気治療をしていることなどから、在留特別許可の、再審査を求めていました。
 「(お母さんが)日本で治療を継続しないと人命にかかわるということも見ていただけたのではないかと思う」(弁護士)
 去年7月に改訂された在留特別許可についての新ガイドラインには、難病で治療が必要なことが書かれていて、一家を支援する弁護士は、このことも今回の判断に影響したとみています。(24日14:41)
http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=j&id=4363835
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4363835.html
当の本人が許可されないと思っていたようなんですが、さすが千葉法相は不法滞在外人に対しては大甘ですな。

拙ブログ関連ネタ  

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:59:38 | Trackback(0) | Comments(0)
亀井静香の舌禍癖?「国民はイカレている!」
あまりにも多すぎて、もはやスルーされている感もありますが。
これ、自民党の閣僚だったとしたら何回辞任してもおかしくない状態なんですけどね。それでいいのかよ
普天間問題 亀井金融相「国民の相当数はいかれている」
2010年2月23日22時16分

 亀井静香金融・郵政改革相は23日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県外の地域で受け入れを検討する動きが出ないことについて、「国民の相当数はいかれてしまっている。犠牲を強いておいて自分は嫌だという」と述べた。県内移設しか選択肢はないとの考えを強調したい余り、批判の矛先を国民に向けたようだ。

 亀井氏が代表の国民新党は、キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部への移設案を検討している。亀井氏は「県外や国外がいいに決まっているが、一緒に負担しようというところはいまない」と指摘し、沖縄県内での移設を「ベストじゃないけどベター」とした。

 ただ、国外・県外移設を主張する社民党の案とは開きがある。亀井氏は「対立して結論を出すのが難しくなる危険性があるから、いまの段階では決定なんてしない方がいい」とも述べた。
http://www.asahi.com/politics/update/0223/TKY201002230464.html

拙ブログ関連ネタ
南九州での水害のさいに心ない発言 もう一度
談合だって容認

しかし、名前は「靜香」なんですけどねえ、ここまで実態と名前が一致してない人もすごい(苦笑)
この方の親はどういうつもりでこういう女の子みたいな名前を…ゲフンゲフン。


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:26:58 | Trackback(0) | Comments(0)
何故か大韓民団の新年会でお礼演説する民主党議員
元ネタは「ニコニコ動画」なので、画面に色色と文字が入ります。ちょっと鬱陶しいですが…

熊田篤嗣衆議院議員
皆様のおかげで当選できました 悲願の政権交代 ありがとうございました
それで皆様とのお約束を果たさねばなりません。
党は 初期不良はございましたが 新年 心機一転
参政権にむけてしっかりとがんばっていきます
第二ラウンド参院選もですね がんばらなければ ここで甘えが出れば
せっかくのいままでの努力が水の泡になってしまいます

西脇邦夫
大阪府議会議員で民主党幹事長つとめております
日韓友好議員連盟の副会長です
さくねん七月には橋下知事と イミョウンバク大統領の表敬訪問に同行
ソウル市長と橋下知事と交流しております
今年は小沢幹事長とイミョンバク大統領のお兄さんが約束しましたように
今年はぜひ 公明党と民主党で参政権を通す年にしたいとおもっております
ここで拍手するところでございますニヤリ
韓国では 外国人参政権はみとめられております
わがくにでは遅れをとっております
ぜひ通しましてみなさまの意見が大阪府、大阪市に通りますように
そうなったら どこの党からも この新年会におしかけてくると思いますし
大阪府知事市長も挨拶に来ると思います
 韓国人団体にひょっとしたら大阪府から補助金だしてくれる(ニヤニヤ)
かもしれませんので(カネと聞いて大拍手)これからも応援のほうをですね…



熊田篤嗣公式サイトはこちら(Googleでは新しいアドレスがまだ反映されてないようなので)
ツイッターはこちら 拉致議連に参加しているというのに仰天

西脇邦夫公式サイトはこちら


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 22:00:57 | Trackback(0) | Comments(0)
長崎県知事選で脅しを掛けていた民主党のあのお方
長崎県知事選石井一応援演説ネット上にUPされていた、どこかのワイドショーの画面のようですが(テレビ朝日系の「スーパーモーニング」かな?)
民主党は政権与党であります
 ”そういう”選択を長崎の方がされるのであれば
 民主党政権は長崎に対し"それなりの姿勢"を示すだろうと思います」
…まるで、ヤクザの恫喝ですね。
結果は以下の通り。
長崎知事選、民主敗北 参院選に痛手 自民系中村氏当選
2010年2月22日0時30分

 長崎県知事選は21日投票、即日開票され、自民、公明両党の支援を受けた無所属新顔で元副知事の中村法道氏(59)が、民主、社民、国民新の与党3党が推薦した元農林水産省改革推進室長の橋本剛氏(40)ら無所属新顔の6人を大差で破り、初当選を果たした。投票率は60.08%(前回52.27%)だった。

 今年初めての知事選は与野党対決型となり、閣僚や与野党幹部が相次いで長崎入りした。民主党にとって長崎は、昨年の衆院選で県内4選挙区すべてで公認候補が勝利、過去2回の参院選でも勝った「完勝区」だ。

 今夏の参院選の前哨戦としての意味合いもあった知事選での敗北は、政権浮揚を図りたい鳩山政権にとっては痛手だ。鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の政治資金問題が影響したと見られ、政権内で首相や小沢氏の責任論が強まる可能性もある。

 選挙戦は、自民党の従来の支援組織だった業界団体の争奪戦の様相を見せ、自民党が引き締めを図る一方で、民主党が政権党の強みを生かして、業界団体の取り込みに動いたが及ばなかった。

 知事選にはこのほか元共産党県委員長の深町孝郎氏(67)、元県議の押渕礼子氏(71)、元参院議員の大仁田厚氏(52)、元会社員の松下満幸氏(62)、会社役員の山田正彦氏(44)が立候補していた。
http://www.asahi.com/politics/update/0221/SEB201002210020.html

参考
マルチ商法と石井一


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 22:36:46 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。